人気記事アイコン人気記事Pickup

テーラーメイド M4ドライバーが発売間近!?

  • LINEで送る
20171116_1

テーラーメイド“M4”ドライバーの写真が海外でリークされています。2017年モデルM1/M2モデルの売れ行きも好調ですが、2018年はM4ドライバーが話題を席巻するかもされません。流出した画像を分析しつつ、気になるM4ドライバーの最新情報を最速でお届けします。

注目は“ハンマーヘッド”テクノロジー

テーラーメイド“M4”ドライバー出典 MyGolfSpy

M4ドライバーの最新画像はGolfizationというインスタグラムアカウントがリークしたもの。テーラーメイドからの公式発表はありませんが、M4ドライバーのプロトタイプと考えられます。

クラウンの見た目は最新のM1/M2ドライバーと一見類似していますが、フェース側はホワイトではなくシルバー。海外のゴルフギア情報サイトMyGolfSpyやGolf WRXは、同じくシルバーを採用していたUSモデルのSLDR Sドライバーとデザインを比較しています。

ソール側で特に気になるのが、スピードポケットのような溝に刻印された“ハンマーヘッド”の文字。ハンマーの頭部形状をさすハンマーヘッドはシュモクザメの英名でも使われています。ハンマーでたたいた時のような強いインパクト、飛距離性能を連想させます。

MyGolfSpyは正確性を向上させるという“Twisted Face Tecnology”のうわさも指摘しています。

また、M4ドライバーには2017 M2ドライバーでも採用されているジオコースティック・デザインの刻印も確認できます。打感・打音にも良さがありそうです。

2018年発売か

テーラーメイド“M4”ドライバー出典 MyGolfSpy

リークされたM4ドライバーの画像は、2018年発売モデルの試作品であると考えられます。

はやければ2017年末、2018年初めにかけて公式の情報が解禁されることでしょう。

ハンマーヘッドテクノロジーのM4ドライバー、今後の情報に期待です。

お問合せ
テーラーメイド

・関連記事
M1とM2のドライバーを比較【新品と中古の価格差など】
2017年モデルM1、M2フェアウェイウッド・レスキューに迫る
2017年モデルM1、M2ドライバー【2016年モデルと比較】

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]