人気記事アイコン人気記事Pickup

キャロウェイ ローグ(Rogue)ドライバーはドローモデルを加え全3種か

  • LINEで送る
20171215_1

キャロウェイ、2018年発売がうわさされるローグドライバーの第2報です。

スライサーに朗報のドローモデル

キャロウェイ、ローグ(Rogue)ドライバー出典 MyGolfSpy

キャロウェイ、ローグ(Rogue)ドライバー出典 MyGolfSpy

上が新たに確認されたドローモデル。下がローグドライバー。

全米ゴルフ協会の承認リストに登録されたローグドライバーの“ドローモデル”。通常のローグドライバーと比べて、ウエイトがヒール側に1つ搭載されていることが確認できます。右へのミスを抑えたドローバイアス、飛距離を狙いたいスライサーにオススメの設計であると考えられます。

既に確認されているローグドライバー、ローグサブゼロドライバーに加えて3つ目のモデル。

ローグドライバーの特徴としてスライド式ウエイトが無い点が挙げられます。PINGのG400ドライバーなどのように、無印モデル、低スピンモデル、ドローモデルの3種類が発売されると考えられます。

価格はエピックドライバーより安価との推測

MyGolfSpyでは記事内でローグドライバーはエピックドライバーより安価な価格設定になるのではないかと推測。

キャロウェイのジェイルブレイクテクノロジーをより身近に、多くのゴルファーが体験できるようになるかもしれません。

ローグ(Rogue)ドライバーの新たな情報が入り次第、いち早くお伝えします。

お問合せ
キャロウェイ

・関連記事
キャロウェイ “ローグ(Rogue)”ドライバー 2018年発売か
キャロウェイ 2017年最新GBB Epic, Epic Sub Zeroドライバー情報解禁!

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]