人気記事アイコン人気記事Pickup

ロフト別に最適な重心設計。FUSODREAM D460 ドライバーヘッドが発売

  • LINEで送る

FUSODREAM(フソードリーム)から、ロフト別に最適な重心設計を施して各々の形状が異なるドライバーヘッド「D460」を発売。タイプ別に解説します。

D460 ドライバーヘッド とは?


出典 ゴルフギアのことならGEW(ギュー)

ロフト別に最適な重心設計が施されたモデル「D460」。

ロフトバリエーションは3パターンに分かれ、「D460L」が9.5度、「D460M」が10.5度、「D460H」が12度、ロフトが寝るたびにフェース高が若干低くなり、クラウンの投影面積も広くなっていくドライバーヘッドです。それぞれのモデル別の特徴はこちらです。

D460Lタイプ

D460Lはヘッドスピード45m/s以上のハードヒッター向け。1.25度オープンフェースで左を嫌いパワー型のゴルファー向けに設計されている。重心深度も浅く34.5mmに。
クセがないから使いやすいタイプです。

D460Mタイプ

こちらはヘッドスピードが速いわりにスピン量が少なく打ち出し角が低いゴルファー向け。
フェースアングルも0度と、スクエアに構えての直進性の高い弾道をイメージできる。
同シリーズの「D460L」か「D460H」に悩む方はまずこのタイプをおすすめします。

D460Hタイプ

こちらはこれまでのタイプと違いヘッドスピードが遅いシニア・レディス向けです。
重心深度は最大39.5mmと深く、投影面積はシリーズ最大で安定感を感じれるサイズ。
フェース角もクローズ1.5とスイングのみでまとまったハイドローを実現できそうです。

ドライバーヘッド後方にはカスタムウェイトスクリューが配置されており、ヘッド重量と重心位置をカスタムが可能です。価格はヘッド単体で60,000円を予定しています。

購入はこちらから

FUSODREAM(フソードリーム)
TEL:03-6712-4118
URL:http://fusodream.com/jp/
関連商品

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]