人気記事アイコン人気記事Pickup

球をつかまえたい人向けに!イーゾーン Tri-G ドライバー

  • LINEで送る

球がよくつかまり上がりやすくやさしいクラブとして人気なイーゾーン Tri-G ドライバー。クラウン部にナノメトリック複合カーボンを採用し初速を高めるとともに「同心円ウェイトシステム」を搭載している。

イーゾーン Tri-G ドライバーの特徴は?


出典 YONEX – EZONE Tri-G

2015年の3月発売されているイーゾーン Tri-G ドライバーの特徴は、クラブに調整機能を求めスピン量を調整して飛ばしたい人に最適な設計となっている点。
脱着可能なウェイトや移動式のウェイトをヘッドソール部に採用することでヘッドの重心位置を調節できるものが主流となる近年のゴルフクラブ。ただしこれらの調節だけでは重心距離も変わり、振り心地も変わってくるのがデメリットではあります。

そこでイーゾーン Tri-G ドライバーは、重心深さを自在に調整しながらも、常に同じ振り心地で飛距離をアップできるクラブを開発しました。主な機能はこちら。

同心円ウエイトシステムだから飛ぶ

シャフト軸を起点に同心円状に配置した重心調節機構で重心距離は変えずに、重心深度のみ調整することが可能に。重心距離が一定だから「振り感」は変わらず、スピン量をコントロールし最適弾道を生む。

ナノメトリック複合カーボンクラウンのたわみ効果で反発エリア拡大

クラウン部に、硬さと強さを兼ね備えた「ナノメトリック」複合高弾性カーボンを採用。
強靭なクラウンのたわみ効果と素早い復元力で、フェース上部にかけての反発エリアが 約20%拡大。

ミート率を向上させる“軽・硬・走”シャフト

シャフト全体に軽さと強さを兼ね備えた「ナノメトリック」を複合。
さらに高弾性カーボンの比率を高め、軽量ながらも従来よりトルクを5%抑え、飛びに徹した“軽・硬・走”シャフトが完成。

ロフト角を最大1.5°調整できるアジャスタブル機能搭載

8つのポジションで打ちたい弾道を調節できるアジャスタブル機能を搭載。

また、同シリーズにはアイアン、フェアウェイウッドも揃えています。

イーゾーン Tri-G ドライバー スペック

  • ヘッド体積:460cm3
  • ヘッド製法:精密鋳造
  • 重心距離:38mm
  • 重心深度:37.5mm
  • 重心高:23.7mm
  • 重心角:26°
  • 左右:右用
  • ヘッドカバー:有り
  • 対象:メンズ
  • 付属品:専用トルクレンチ
  • 製造国:【本体】日本【専用トルクレンチ】台湾【ヘッドカバー・グリップ(A)】中国【グリップ(S・SR・R)】タイ
  • 適応ヘッドスピード:【S】43m/s前後【SR】40m/s前後【R】37m/s前後【A】34m/s前後

購入はこちら

EZONE Tri-G

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]