人気記事アイコン人気記事Pickup

手のひらで感じる安定した質感!ラムキン 「クロスライン・ラバー」を解説

  • LINEで送る

生産本数累計2500万本。世界のゴルファーに愛され続ける傑作のグリップを生み出し続けるラムキン社の「クロスライン・ラバー」。多くのゴルファーから愛着と信頼を寄せられているその理由とは。

革新は”伝統”になり。

ラムキン社は1925年エルバー・B・ラムキンによって、イリノイ社のシカゴで創設されたグリップメーカー。創業当初はレザーグリップを業界で初めて開発し、クラブメーカーへの供給をはじめた会社です。60年代になり2台目のロバート・E・ラムキンが社長となるとラバーや合成ラバー製グリップの開発に勢力を注ぎました。

1995年に誕生以来20年にわたって、同社の定番モデルとして世界中のゴルファーに愛され 、その販売期間を考えるともはや伝統の領域といっても過言ではありません。

数多くあるラインナップのひとつ“クロスライン”もゴルファーに寄り添うことで生み出されたシリーズです。
ラムキン社は常に多くのゴルファーの声を聞き、その願いを叶えるために知恵を絞ってきた結果、膨大な数のモデル、グリップのバリエーションを生み出してきました。

安定したグリップフィーリング


出典 Lamkin Golf Grips – CROSSLINE GOLF GRIPS

その表面のクロスラインパターンによりコットン製のコードが組み合わさり、しっかりとしたグリップフィーリングの吸湿力により、雨天でも滑ることなくショットができます。また、合成ゴム素材ACEの採用により、高い粘着性能と衝撃吸収性能を発揮します。

ラムキン クロスライン ラバーグリップ CL600

  • 素材:合成ゴム
  • 重さ:48±3g
  • 製造国:中国
  • タイプ:ウッド、アイアン用

*その他のスペック、バリエーションは公式サイトをご確認ください。

購入はこちら

GDOゴルフショップ – ラムキングリップ

公式サイトはこちら(英語)

Lamkin Golf Grips
関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート