人気記事アイコン人気記事Pickup

ゴルフ初心者は実践!ダウンブロー練習のポイントとテクニック

  • LINEで送る

ゴルフ初心者憧れのショットのひとつ「ダウンブロー」、体重移動やアドレス、グリップやボールの位置など少し難しいところもあるかもしれませんのでひとつずつ意識して練習を行いましょう。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年1月4日の記事を再編集しています

ダウンブロー とは?

ダウンブローは、アイアンショットのスイングで最下点に達する前にボールを打つショットです。ボールにスピンをかけてボールをコントロールするには、ダウンブローでボールを上から叩くようなイメージで捉える必要があります。

ダウンブローでスピンを効かせたボールを打つことが出来ると、グリーン上でボールを止める球が打てるようになります。つまりコース戦略の選択肢が幅広くなり、よりゴルフを楽しめる武器のひとつとなります。

EASTWOOD MIRI & GOLF RESORT - SARAWAK

ダウンブローを練習する時のポイント

ハンドファーストで構える

すくって打つのではなく、上から叩くように打つにはハンドファーストで構える練習も必要です。ハンドファーストの構えは、ボールを捉える瞬間、つまりインパクト時の形です。

手元が先行しすぎるとフェースが開き、ボールがつかまりません、正しいのは左腕とシャフトが180度、一直線になったハンドファーストを心がけましょう

最下点に達する前を意識しよう

ダウンブローのメリットのひとつに「ボールをコントロール」するという狙いがあります。ボールにスピンをかけるためには、クラブフェースの横溝だけではかかりません。ショット時時にクラブフェースと芝でボールを挟み撃ちして打ち出す必要があります。

スイングの最下点のボールを意識せず、最下点に到達する前のポイントでボールを上から打ち込むように捉えることがポイントです。スイング時の最下点に到達する前の7割、8割ぐらいから打ち込むイメージを持ちましょう。

ショット時の体重移動

ボールを上から捉えながらも、重心は前方にゆっくりと移動しながら、クラブは前方に低く放り出すようなイメージでスイングしましょう。しっかり捉えた後、ボール前の芝を削りながら前方に飛ばすスイングができればショットは成功です。

ショット後、芝やボールの軌道を確認し、スイングチェックやアドレスチェックまで意識しましょう。

ダウンブロー後の芝は前方に

ダウンブローのひとつの目安に、ボールより前の芝を削って前方に飛ばすように打てるようになるとショットが出来ているという目安になります。

放たれたボールはグリーンに落ちた後、強弱はあれどバックスピンが必ずかかります。慣れていないと必要以上にバックスピンがかかる恐れがあるので、多めのバックスピンを予測して予測点より奥にボールを落とす狙いや慣れてくると少なめのバックスピンでピンのそばにボールを落としたりしてみましょう。

おすすめの練習方法

ダウンブローの練習はアイアンを使用しましょう。また、ボールをティーアップし、ティーに当たらないようにティーアップしたボールだけにクラブフェースを当てましょう。ティーに当たっていればクラブが下から入っているまたは打ち込み過ぎの可能性があります。ゆるやかなダウンブローだとボールのみをクリーンヒットできます。

徐々にダウンブローに慣れてきたらティーを通常の位置に戻し、正しい位置で同様のショットを打つ練習を繰り返しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?ダウンブローは中上級者のアマチュアゴルファーでも難しく、いきなりマスターすることは難しいテクニックです。まずは苦手意識を持たず、ひとつずつ確認しながら練習を繰り返しましょう。

スイング 関連記事

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]