人気記事アイコン人気記事Pickup

傾斜地からのショットは大丈夫?傾斜・斜面での練習方法

  • LINEで送る

いかなるコースでプレーをする際に傾斜地からショットをしなければならないタイミングってありますよね。傾斜を考えず思わぬ方向に行ってしまい、悔しい思いを経験したこともあるのはないでしょうか?今回は傾斜に応じた打ち方の練習方法をお届けします。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年1月12日の記事を再編集しています

なぜ傾斜から打つのが難しいのか?

SNC11653.JPG

傾斜の練習を行う前に、なぜ傾斜からのショットが難しいのかをおさらいしましょう。
コースは様々な高低があり大なり小なり傾斜があります。一般的には、

  • 左上がり
  • 左下がり
  • 前(つま先)下がり
  • 前(つま先)上がり

など傾斜状況を説明する際によく使用されるキーワードです。こういった状況の中でショットの打ち方を良く理解していなければ、ミスショットが多くなるのは当然です。どのような斜面(ライ)のであっても、なるべく垂直に立ち、ボールをそのスタンスの中央か、わずかに右寄りにおいてコンパクトなスイングで打つという原則がありますので、まずはそこから意識しましょう。

傾斜・斜面 対応別の打ち方

それぞれの状況別の打ち方の基本をご紹介します。

傾斜・斜面 左上がりの場合

ピンに対して前後の角度の場合は、基本的に斜面と立つことが理想です。
左上がりの場合はボールが上に上がりすぎるので飛距離は落ちます。大きめのクラブを選択しましょう。

傾斜・斜面 左下がりの場合

こちらもピンに対して前後の角度の場合は、基本的に斜面と立つことが理想です。
左足上がりとは逆にボールは上がらずトップ気味の軌道を描くため、ボールの勢いが増しランも加わります。通常の番手より落とし軽く振って調節しましょう。

傾斜・斜面 つま先下がりの場合

アドレスは膝を軽く曲げ、右に曲がりますので狙いはやや左目を意識しましょう。
ロフトが寝ているクラブは右曲がりの影響を受けるため、寝ているクラブは左目を狙います。一番手のクラブを選択した場合は、右に曲がる影響を軽減できます。

傾斜・斜面 つま先上がりの場合

アドレスは短めにクラブを持ちます。ショートアイアンでは左に行く傾向が強いでの大きめのクラブをスイングするようにしましょう。

まとめ:傾斜・斜面 練習方法

傾斜地の練習は練習場などでは、常にフラットな地面のため難しくなかなか練習ができません。そこでおすすめはショートコースです。ショートコースは傾斜が多いコースも多く、傾斜の打ち方を練習するにはもってこいです。状況に応じて打ち方を意識し、様々な傾斜を楽しんでみましょう。

スイングテクニック 関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]