人気記事アイコン人気記事Pickup

オンプレーンなスイングを!振り遅れ対策と考え方

  • LINEで送る

飛距離を追い求めるために力んでしまい、気持ちとは逆に力が入れば入るほどスイングスピードは落ち振り遅れてしまうもの。そこで今回は振り遅れが発生してしまう原因と見直した上での対策方法をご紹介いたします。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年1月19日の記事を再編集しています

振り遅れが発生する原因

Masters Hole #7

ドライバーは飛距離が期待できるクラブであり、出来るだけ遠くへ飛ばすことが実現できるクラブです。頭ではわかっていたとしても「飛距離を出そう」「風に負けないように強い弾道を目指そう」とスイング時に力んでしまい、力が入れば入るほどスイングスピードは落ち振り遅れてしまいます。この振り遅れがミスショットを引き起こす原因です。
また、振り遅れは大きく2タイプに分けることができます。

1.単純な振り遅れ

下半身が先に回り、腕の振りがついてこないときに起こります。
身体の回転の速さを意識したり、手でボールに当てにいったりしたときに発生しやすいです。

2.上半身と下半身が連動できていない

下りてきた腕の振り遅れを取り戻そうとして手首を返したり、下半身が伸び上がり不自然な動きにになってしまいます。結果的にスイングが不安定になり振り遅れが発生します。

振り遅れの対策方法「ダウンスイングの溜め」

振り遅れの対策には「ダウンスイングの溜めを意識する」が効果的です。

ダウンスイングとは・・クラブがトップに達した時点から、ボールに当たるまでの動き

体幹と腕のねじれによって生まれる身体とクラブの時間差(溜め)が少なければクラブ全体の運動量も比例して少なくなり、ヘッドスピードは加速しません。ヘッドスピードを加速させる為にはバックスイングで意識して作った溜めを上手に利用しスイングしましょう。

また、腕の動きはバックスイングとダウンスイングで役割が違い、動きも対照的です。
まずはクラブを持っていない状態で腕の動きの一連動作を確認し、正しい腕のねじり戻しを確認しましょう。

フェースが開いてしまう場合は

振り遅れてしまうと基本的にフェースが開きやすく、そのままスイングしてしまえばスライスになります。開いたフェースを無理に返せばフックも発生しやすく、また、フェースは手元から遠いためコントロールも難しい箇所です。

一つの対策方法として、フェイスの向きが手元でわかる「スイングブレード」などのトレーニングアイテムを使用することもおすすめです。フェイス面が確認できると、腕の動き、身体の動き、フェイスの動きという3つのバランスの同調が身につき手打ち防止の対策にも繋がります

関連記事:
ショットの方向性が身につく!クイックマスター 「スイングブレード」

まとめ

速く力強くスイングするぞ!と意気込んでしまうとどうしても力が入り振り遅れが発生しやすい状況になります。まずは身体をリラックスさせ、ダウンスイング時の溜めを意識して練習してみましょう。

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート