人気記事アイコン人気記事Pickup

自分好みにクラブをデコろう! アイアンの色入れ、マニキュアをDIY!

  • LINEで送る
01a74d60ea02c51518327cf501fac2360b1c1877ed

この所急に寒くなったり、各地で大雪となったりでゴルファーにとって厳しい冬もいよいよ本番・・・
今の時期はラウンドせずに、春に向けて準備をされている方も多いと思います。
どうしても籠りがちなこの時期に、手軽にテンションを上げる事ができる、クラブのデコレーションについて今日は記事にしたいと思います。

今回はアイアンの色入れ、いわゆるマニキュアを実施します。
ウェアだけではなく小物やグリップまで、現在は様々なカラーの物が発売されており、自分の好きな色を中心にトータルコーディネートされている方も多いかと思います。
せっかくなのでクラブも人とは違ったオリジナリティを出してみてはいかがでしょうか。
ちょっとのコツと少しの道具で、クラブの雰囲気をガラッと変えることができます。
では早速DIY!!!
(※クラブの材質によっては傷んだりすることもありますので、実施の際には自己責任にてお願いいたします。

■用意するもの

0100cce9dbec45410bcb6b23b5e26eaaed1144d8c6

DIYといえば100円ショップ!ということで早速仕入れを行ってきました。用意したものは以下の通り。

  • キッチンペーパー(作業前の脱脂・拭き上げに使用)
  • 除光液(はみ出たマニキュアを消すのに使用)
  • 綿棒(はみ出たマニキュアを消すのに使用)
  • マニキュア各種(色入れに使用。白は下塗りに使用)
  • パーツクリーナー(作業前の脱脂に使用)

もともとパーツクリーナーは手持ちの物があったので、それ以外の物を100円ショップで買ってきました。
大掃除の記事でもパーツクリーナーは使いましたが、グリップ交換にも使えたり、安価なので常にストックしておいても良いかと思います。
それ以外のものは全て100円ショップで揃ってしまっています!DIYに100円ショップは欠かせませんね!
今回は爪用マニキュアを代用し、自分の好きな色を入れる形となります。爪用のマニキュアなのでカラーは豊富ですし、取り扱いもカンタンです。
(とはいえ、作業中は換気を忘れずに!)
いよいよ実践に入ります!

■準備編 脱脂(掃除)~下塗り

01a74d60ea02c51518327cf501fac2360b1c1877ed

今回被験者となるのはこのウェッジ。
キレイな仕上がりを目指して、まずは下準備をしていきます。

012824505c0616592babf7a75325c1ce3e217e9901

とはいっても難しいことは何もなく、汚れを落とし、パーツクリーナーを吹きかけ、キッチンペーパーで拭きあげるだけです。
拭きあげたらいよいよ色入れの開始ですが、まずは下塗りを行います。

この状態のままマニキュアで色入れをしてもいいのですが、もともとの色があるので、思い通りの色にはなりません(特に薄い色)
本来であればもともとの色を落としてから塗ればパーフェクトなのですが、そうすると剥離剤といった薬剤が必要となりクラブにもよくなさそう。。。
なので下塗りに白を塗ることで少しでも仕上がりをよくできるようにします。

0125ff71feab7bbcb7f82df8c8647ef4ac29bbe64c

塗り方ですが、細かいことは考えず、はみ出ても気にせずしっかりとムラのないように塗っていきます。意外と刻印の溝は深いので、筆の腹を使うというよりは、筆先でちょんちょんと刻印部分に色を落とすイメージの方がムラなく仕上がると思います。

01f5d29dbe41884f2730ab975553278e08490d2ccd

しっかりと乾燥させたら、綿棒と除光液を使ってはみ出た部分を消していきます。綿棒に除光液を浸し、はみ出た部分を軽くなぞっていけばどんどんとはみ出た部分は消えていきます。
※本当に軽くなぞっていくイメージで大丈夫です。力を入れずに(刻印部分に綿棒が入り込まない程度に本当に軽く)、落ちが悪くなって来たら新しい綿棒をどんどんと使っていくのがコツです。

01286b568a543ddf1c0bc8ee0560d1792131285ad8

下塗りにムラがあったりした場合は、もう一度白を入れて乾燥させてからはみ出した部分を消しましょう。下塗りをきちんとすると仕上がりが美しくなりますよ!

01a5c0e38ab86d3168f3d16ae02802686e1134efa4
下塗りの完成!
お待ちかねの色入れに入ります!

■色入れ~仕上げ

01d865e0a45cfe504937713c9b7d117bb83ddfde4b

どこに何色を入れるかイメージしながらマニキュアを配置してみました。
個人的にはシンプルな方が好きなのですが、今回は実際の色のイメージやわかりやすさを優先するためにたくさん色を使ってみました^^;

色入れを行うといっても、やることは下塗りと変わりません。ペタペタとはみ出しても気にせずに色を入れていきます。

0156c69f3f3bbd894c9ae3fa513aa7b7aad4f34759

この時点では不安いっぱいですが、安心してください!キレイになりますよ!!!
先程の下塗りと同じように、乾燥したらはみ出した部分を消していきます。

019be172d71e2c3f86dc64d90de2eb41e4d9d7c14c

除光液を付けた綿棒は、この写真のようなイメージで使うと刻印部分の色を消さずに、はみ出た部分だけを消していくことができます。
写真でいう綿棒がグレーになっている部分を軽くあてて(本当に乗せているくらいのイメージ)こすっています。腹の部分を使う感じですね。
万一この作業で刻印部分の色が消えてしまったりしても焦らず、もう一度同じ色を入れれば問題ありません。
キレイな仕上がりを目指す場合はそもそも最初から2~3回塗り重ねるつもりでやればOKです。

■仕上がり

01192eafa160aa406b599541a1162a51c272cff5a6

はみ出た部分を消したら完成です!!!いかがでしょうか?
この画像は1度塗りですが、もう1回仕上げに色を塗り重ねたり、細かいところをきちんと消せば相当キレイに仕上がります。
もっとも、多少残っているはみ出し部分は使用しているうちに消えてしまいます。(仕上げが汚いことの言い訳です、すいません><)
刻印部分はしっかり乾燥してしまえば水洗いやちょっとブラシで洗ったくらいでは落ちませんが、再度色入れをしたいときは除光液で簡単に落とすことができます。

まとめ

こうやって自分で手を入れるとやっぱりテンションが上がりますね^^
個人的にはソリッドな色の方が色味がいいような気がしますが、マニキュアなのでパステルカラーやラメ入りなど色々なカラーがありしかも100円で試せるというこのお手軽さ!
皆様も是非お試しください!!!

関連記事:
クラブも大掃除!ゴルフクラブの磨き方、傷消し、サビ取り方法
https://magazine.anothershotgolf.jp/?p=753
関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート