人気記事アイコン人気記事Pickup

ゴルフ初心者必見!ゴルフの為に必要な筋力トレーニングで意識するポイント

  • LINEで送る

ゴルフを上達するには、素振りをするだけなくボールを打つ練習ばかりではスコアアップは望めません。ゴルフのスコアアップの為に必要な要素は普段使わない筋肉を鍛えることが効果的です。そこで沢山の筋力トレーニングの中から効率的に練習を行うポイントをご紹介します。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年1月31日の記事を再編集しています

ゴルフで筋力トレーニングを行う理由

Armed and dangerous haha

スコアアップを目指して普段の練習後に筋力トレーニングを行っているアマチュアゴルファーの方は多くいらっしゃるかと思います。筋力トレーニングを行うことは練習後のクールダウンにも繋がり身体のバランスもよくなります。
ボールを打つ練習と筋力トレーニングを交互に行うことで、一連の動作を鍛えたばかりの筋力にさらに負荷をかけ覚えさせることでより効率的なゴルフの上達に繋がります。

効果的な筋力トレーニングを行う為に意識するポイントはこちらです。

ストレッチをしっかりやろう

準備運動もそこそこにいきなり筋力トレーニングを始めてしまうと、筋を痛めてしまったり、腰が弱い方は腰痛を悪化させてしまったりと怪我に繋がる可能性が高くなります。
筋力トレーニングを始める前にストレッチに時間をかけることはとても重要です。

手首や足首、首や腰を回したりすることで徐々に筋肉を伸ばし身体を温めましょう。
身体を柔らかくすることで日頃からの怪我の防止にも繋がります。

筋力を向上させたい部位を意識しよう

身体が温まってきたら、軽く素振りをしてみましょう。素振りをしながら自分の筋肉のどの部位が動いているか意識することは筋力トレーニングにも効果的です。
自分の身体のどこの部分の筋力が足りていないかを認識することで特定の筋肉を鍛えるきっかけにもなります。

上半身の筋力トレーニングで意識すること

スイングが流れないようにする為には、上半身の筋力トレーニングを行う必要があります。
特に腹筋と背筋は欠かせません。仰向けになり、鍛えたい部分の筋肉を意識しながら膝を立てた状態でゆっくり腹筋運動をしましょう。背筋はうつ伏せになり、手を頭の後ろで組んで上体を後ろに反らしましょう。

あまり無理をしすぎない程度で少しを負荷を感じる程度からはじめるのがおすすめです。

下半身の筋力トレーニングで意識すること

次は下半身の筋力トレーニングです。プロゴルファーは、ほとんどの選手は下半身が安定していてスイングが安定していますよね。オーソドックスな筋力トレーニングはスクワットがおすすめです。

足幅を肩幅程度に開き、ここでも負荷をかけたい筋肉を意識しながら、腰を下げましょう。

ゴルフ初心者向け筋力トレーニングのまとめ

上半身と下半身の筋力トレーニングを終えたら再度素振りを行いスイングチェックを行いましょう。
クールダウンを考えて少しだけストレッチをすることもさらに効果的です。

筋力トレーニングを重ねることでゴルフのスコアアップに必要な土台は少しずつ鍛えられています。
無理をせず、長く続けることが大切なので飽きないようにすることも重要です。

関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート