人気記事アイコン人気記事Pickup

スイング前の集中力アップに!ルーティーンを取り入れるメリットとは

  • LINEで送る

日々の作業や日常規則的に繰り替えれる生活様式をルーティーンと指しますが、ゴルフにおいてパフォーマンスを発揮する「プリショット・ルーティーン」があるのはご存知ですか?今回はゴルフでルーティーンを取り入れるメリットをまとめてご紹介します。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年2月3日の記事を再編集しています

プリショット・ルーティーンを行う理由とメリット

Golf tourney provides unique experience

どんなショットをするのかにもかかわらず、毎回ほぼ同じ手順で行うことでショットの成功率を高めると言われるプリショット・ルーティーンはそのステップや具体的な動作は人によって大きく異なります。

アマチュアゴルファーの中には「構えてから考えてしまう」「不安で素振りが多くなってしまう」という方もいますが、こういった動作は不安が多いときに良く生まれ、行動を移すのに時間がかかってしまうからです。

プリショット・ルーティーンを取り入れることでこのような不安も一掃されます。
ルーティーンは決まった動作であり、費やす時間も一定なので、その間のチェックポイントや思考パターンも同じにすることができ、不安が入り込む余地がなくなるからです。

自分に合ったプリショット・ルーティーンを探す方法

例えば大リーグで活躍中のイチロー選手は「ユニフォームの袖をつまみ投手に向けてバットを立てる」など決まった動作がありますよね。プロゴルファーの石川遼プロも「後方の目標を見てこれから自分が打つ球をイメージする」などショット前に決まった動作が必ずあります。

最初はプリショット・ルーティーンを覚えるためにプロの練習を取り入れてみてもいいかもしれませんが、自分に合ったルーティーンは自分で探すしかありません。日頃からの自身のナイスショットが出た時を振り返り、「素振りを2回してからアドレスに入る」「ショット前にポジティブイメージを作る」など試していき自分なりのルーティーンを確率しましょう。

プリショット・ルーティーンの練習を練習場でやってみよう!

プリショット・ルーティーン

練習場でショットの練習をする時の球の打ち方や思考パターンは実際のゴルフコースでのショットに持ち込んでしまうことが多く、いざ試してみようとしても悪い結果になる可能で星が非常に高いです。

ルーティーンを自分のものにするためには、普段の練習から本番を想定してルーティーンの練習をすることをおすすめします。例えば。打ちっぱなしの練習場などで1球1球ルーティーンを取り入れボールを打つ練習などを取り入れるだけで自分なりのルーティーンは自然と身につきます。

プリショット・ルーティーン まとめ

プリショット・ルーティーンを取り入れるだけでメリットが多く存在します。
決まった動作の為不安の入り込む余地がなく、目の前の一打だけに集中でき、自信をもってショットができることはスコアアップにも繋がりますよね。是非実践されてみてください。

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート