人気記事アイコン人気記事Pickup

パットの上達でスコアアップ!自宅練習でレベルアップできるポイント

  • LINEで送る

肌寒い毎日が続きますが練習場やゴルフ場に足が重いときは自宅でパット練習をやってみませんか?ポイントとコツさえ意識すれば少しのスペースでも充実した練習になること間違いなしです。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年2月5日の記事を再編集しています

ゴルフ初心者は必見!自宅でパット練習を実践するコツ

パターマット

<部屋の中で練習を行う場合の注意点>
自宅でパット練習を実践する際は練習用のパター・ゴルフボール・練習用マットがあればベストです。フローリングなど自室を傷つけてしまう可能性がありますので緩衝対策は怠らずに設置しましょう。

自宅のパット練習で一番注意する事は何?

ラインに対して平行に構える意識を持とう!

<ポイント>

パッティングの一番の基本はラインと平行に構えることです。パターマットの線に対して体全体が平行となるように立ち、フェース面をカップにまっすぐ向けるように意識しましょう。このとき肩・腰・両足がラインと平行になっているかチェックしましょう。

また、セットする際に両眼をラインと平行に重ねることも大切なポイントです。
正しく構える練習を積む事はパッティング技術の向上にもつながります。

目標に向かって真っ直ぐ打つ練習方法はありますか?

パターマットの線を上手に使おう!

<ポイント>

パターマットがある場合はマットの線を活用し、ストレート感覚に慣れましょう。
ストロークの基本は「真っすぐ」。パターマットでの練習の場合は2メートルほどではありますがフェースをストレートに動かす感覚は鍛えることができます。まっすぐなストロークが打てるようになるとショートパットのカップイン率の向上につながります。

>>自宅練習の続きはこちら

1 2

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]