人気記事アイコン人気記事Pickup

パターでお悩みの方に。グリーンの芝目を攻略するために必要な事

  • LINEで送る

ゴルフにおけるパタースキルはスコアを決める重要なテクニック。パターでスコアの半分を決めてしまっているといっても過言ではありません。今回はパタースキル向上でお悩みの方向けにグリーンの芝の読み方をまとめてみました。

Asg Magazine編集部:この記事は2016年1月11日の記事を再編集しています


出典: 岐阜セントフィールドカントリー倶楽部

パットに影響を与える要素

パットに影響を当たる要素の1つがグリーンの芝目です。大きく分けて順目と逆目と二つに分かれます。

順目(じゅんめ)とは、芝がボールからカップに向かって寝ている(流れている)ことを言います。順目の場合は一般的にパットのスピードが速くなりオーバーしやすいことが特徴です。

逆目(さかめ)とは、順目とは逆でカップからボールにl向かって芝が出ている状態を言います。逆目だとパットのスピードが遅くなりますから普通に打っているのにショートするということが多くなります。

芝が右から左に向かって伸びている場合、ストレートに見えるパットのシーンでも読み間違えてしまえば左に切れてしまうことがあります。

芝目の読み方

カップをよく見る

芝目を読むのによく使われる方法がカップを上から見るという方法です。

カップを上から見た際にカップの手前から芝の葉先が出ている場合は、
芝は手前から奥に向かって流れているという事になりますから、この方向にボールを打つ場合の芝目は順目ということが判断できます。

芝の濃淡で読む

ボールの後ろからカップを見た際に、芝が白っぽく光って見える場合は順目。逆に芝が濃く見える、暗く見えると感じた時は逆目であることが多いようです。

水に向かって芝は伸びる

芝は水に向かって伸びるという特徴があります。特に向かって芝は伸びる傾向があります。シーサイドコースなど海が近くにあるコースは、海の方向を確認してみましょう。

山岳コースでの芝目の読み方

山岳コースの場合、山の位置によって芝目が決まってくることが多いのが特徴です。
山から谷に向かって水は流れますが、芝目も同じ方向に流れます。つまり、山の位置を確認すれば、芝目もわかるという判断ができます。

また、一般的には山にむかって打つ時は逆目、山を背にして打つ時は順目になります。

太陽が沈む方向に向かって順目

太陽の光も芝目には影響を与えると言われています。一般的には太陽が沈む方向にむかって順目になります。西に向かって順目、東に向かって逆目という読み方ができます。


出典 : コネチカットでゴルフ

順目や逆目があってもそれほどパットに影響を与えないものもあれば、大きな影響を受ける場合も、芝の読み方ひとつで大きく影響を受ける場合もありますのでその点には注意しましょう。

パッティング関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート