人気記事アイコン人気記事Pickup

防寒対策は大丈夫?冬ゴルフを快適にプレーする為のポイント

  • LINEで送る

冬のゴルフはトップシーズンと比べラウンド料金がお安くなり、出来れば時間があればゴルフコースを回ってスキルアップに励んでみたいと考えているゴルファーも多いのではないだろうか。今回はそんな冬ゴルフを乗り切るポイントをいくつかご紹介します。


出典: 標高の高い高原で涼しくゴルフ場

冬のゴルフで気をつける事は寒くて身体が思うように動かなかったり、風が強かったり、芝が薄いなどの辛いコンディションでのプレーになりがちなこと。慣れない環境でスコアや体調を崩してしまうと大変です。

寒さ対策

気温が低いと身体が思うように動かなくなり、筋肉の柔軟性も落ちてきます、関節毎の可動域も小さくなり、厚着をするとさらに体の動きが制限されるのでその傾向は強くなります。
冬のゴルフフェアは防寒でなく「着ぶくれ対策」も必要になります。

この場合は、すでに多くの方が愛用かと思いますがぜひ活用したいのが発熱素材を使ったインナーウェア。すこし高機能なタイプを試してみると効果が期待できると思います。

脱ぎ着しやすいベンチコートやオーバーグローブ、マフラーなど、着脱が容易な防寒具を活用し普段は厚着していても出番の時にさっと外して身軽になれるような工夫をするといいでしょう。

冬ゴルフは飛距離が落ちる?

プレー面で大事なのは、無理に飛ばそうとしない事。
気温が低くてボールの反発が落ちる冬は、確実に夏よりも飛距離は落ちます、まして、厚着して動きにくい状況なら夏よりも1番手以上距離が落ちるものです、そのことを受け入れることが重要です。それと「飛ばない」と焦ってしまい、クラブを振り回すことがミスの元凶になります。

夏よりも1~2番手大きなクラブに持ち替えてコンパクトにスイングする事が冬の飛距離対策の一つといえるでしょう。意識的に体を動かす意識を持つといいでしょう。

凍ったグリーンに対応するために

冬の朝、グリーンが凍っていると素晴らしいショットでも奥に跳ねあがりOB..という事もよくありますよね。グリーンが凍っているかどうか判断する為にはティグラウンドが参考になります。

ティグラウンドが凍っていてティが刺さらないホールは、グリーンも凍っている可能性大です。特に、日陰になっているグリーンはお昼頃まで溶けない場合もあるので2打目を打つ前に、グリーンの日当たりを確認しておくと思わぬアクシデントを防げます。

凍っている場合はグリーンに直接キャリーさせるのは危険。
ショートしてもOKという意識で転がして狙っていきましょう。

また、冬の朝はガードバンカーも苦戦します。
それぞれの硬さによって砂の抵抗が異なるのでソールの跳ね方も変わります。
日当たりのチェックに加え、足の裏の感触に注意して、もし凍っているようなら、下の硬いバンカーから出す時のようにフェースを光らずに打ち込んでソールがはじかれないように注意してみてください。

凍ったバンカーは一般アマチュアゴルファーにはなかなか難しいエリアです。
何度もチャレンジして経験を積みましょう。

まとめ

いかがでしたか?入念な準備運動とウォーミングアップは忘れず、急激に身体を動かして怪我のないように楽しくプレイしましょう!

関連記事

関連商品

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]