人気記事アイコン人気記事Pickup

トライプリンシプル ユーティリティー YONEX×GDOスペシャル動画で性能をチェック!

  • LINEで送る
画像:TRIPRINCIPLEユーティリティー

アマチュアゴルファーが苦手とする180ヤード前後の飛距離を優しく狙えるYONEXの「TRIPRINCIPLE(トライプリンシプル)ユーティリティ」。YONEXの公式YouTubeチャンネル「YONEX JAPAN」では同製品をゴルファーに降ってもらい実際の感想をヒアリングしています。その性能とは。

トライプリンシプル ユーティリティー YONEX×GDO

トライプリンシプル ユーティリティーは福岡大学の清長明名誉教授発案の常識にとらわれない新設計が特徴。”3sスコアライン”の採用で濡れた状態と乾いた状態の芝でもスピン量の差が少なく飛距離のバラつきを抑えます。” (3sスコアライン”の3sは、「Slanted」「Spin」「Stablizer」のそれぞれ頭文字を取って3sと名付けています。)

クラウン中央部を凹ませた新形状とクラブの重心軸をフェースセンターに配置した新設計でミスを軽減。やさしくボールが上がり引っ掛けのミスも減少します。専用設計のシャフトは重量逆フロー設計を採用。ロングほど軽く、振りやすくなりヘッドスピードアップが図れ、適正スピンで楽にボールが上げることができます。

動画では、「残り180ヤード、8番アイアンで振ってください」というコンセプトのもと”優しく目標地点を狙える”として同クラブの魅力を解説しています。ユーティリティの活用方法をチェックしてみたい方はぜひ視聴してみてください。

ユーティリティ 関連記事:

チャンネルはこちら

YONEX JAPAN
関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]