人気記事アイコン人気記事Pickup

クセを直す!コースでこんなミスが出たら: アイアン編

  • LINEで送る
画像:連載:クセを直す!コースでこんなミスが出たら: アイアン編

練習場やコースで失敗やミスが出たらどうやって次に繋げていますか?ミスが出ることはある意味チャンス。失敗した経験を学習し、次のスコアアップに繋げましょう。本連載は第4回を予定しています。第3回はアイアン編をお届けします。

コースでこんなミスが出たら: アイアン編

Watching after swinging

手打ちになっていると感じた場合

見える範囲のみクラブを正面にキープしてみましょう

体の動きを意識すれば手はおのずと使わなくなります。ミスが出たときに体を使えていないと感じた時は、腰から腰の間でクラブの動きをチェックしてみましょう。

テークバック・インパクト・フォローでも体の幅の中、できれば真ん中に近い所にクラブをおさめるだけで大きなミスは防げます。
またこの癖を早く覚えることでアイアンのみならず、ドライバー、アプローチでも手を使わなくなりショットの精度が高まります。

ダフリやトップで大崩れした場合

ティーアップして打つ練習を取り入れてみましょう

ダフリやトップで大崩れした時は次のショットが怖くなりますよね。しっくりこなかったり、フィットしてないじゃないかと思い試行錯誤してしまいます。そんな時はティーアップしてショットの練習をしてみることをおすすめします。

大切なことは体の正面でしっかり構え、軽く打つことです。打つ時のポイントは体全体を使ってミート出来ているかを意識してみましょう。

どうしても「当てよう」と力が入ってしまう場合は、ゆっくりハーフショットを繰り返すだけでも効果があります。

当てようとおもいすぎてリズムよく打てない場合

歩きながら連続打ちの練習を取り入れてみましょう

連続打ちはクラブが寝たり体が突っ込んでしまうと続けて打てません。連続打ちをするだけで自然といいリズムで打てるタイミングを掴めます。また、リズムよく打つには縦に並べたボールを次々に打っていくドリルがとても効果的です。

縦に並べたボールの連続打ちは前進しながら打つことで左右への余計な動きも減り、体の幅の中でスイングができます。
一度打ち始めたら打球の行方は気にせず最後まで打ち続けてみましょう。

コースでこんなミスが出たら: アイアン編 まとめ

  • 手打ちになっていると感じたら、まずは体の正面でクラブの動きをチェックしましょう
  • ダフリやトップで大崩れしたら、ティーアップして打点を気にして打ってみましょう
  • リズムよく打てない時は、連続打ちでリズムを取り戻してみましょう

いかがでしたか?ダフリやトップが目立つゴルファーやリズムよく打てないゴルファーにおすすめです。ぜひ実践されてみてください。

アイアン テクニック関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート