人気記事アイコン人気記事Pickup

クセを直す!コースでこんなミスが出たら: パット編

  • LINEで送る
画像:連載:クセを直す!コースでこんなミスが出たら: パッと編

練習場やコースで失敗やミスが出たらどうやって次に繋げていますか?ミスが出ることはある意味チャンス。失敗した経験を学習し、次のスコアアップに繋げましょう。本連載は第4回を予定しています。最終回はパット編をお届けします。

コースでこんなミスが出たら: パット編

Golf Putting

ショート気味のパットが多い場合

フォローだけで打ってみましょう

一度テークバックを取らずフォローだけでボールを打ってみましょう。ショートが多くなる場合はうまくフォローが出ていません。

まずはゆっくりアドレス、その後テークバック取らずフォローだけでボールを打ちます。このとき頭を少し残して低く長くフォローを出すことを意識してみましょう。
頭を残しすぎると体重移動が難しくなるのでロングパット時では注意が必要です。

まっすぐ打てない場合は

右手1本でしっかり握って打ってみましょう

まっすぐ打てないということは、ヘッドが動きすぎてフェースの向きが変わっている可能性があります。そんな時は右手1本でパターを持ち、真っ直ぐ弾いて真っ直ぐフォローを出す練習をやってみましょう。

片手で打つ為にはパターをしっかり握る必要があり、自然とヘッドが固定されてきます。
慣れてきたら左手は添えるだけにしてストロークさせてみましょう。

コースでこんなミスが出たら: パター編 まとめ

  • ショート癖を改善したいときは、フォローだけで打ってみましょう
  • まっすぐ打てないときは、片手1本で打つ練習を行いヘッドを固定するテクニックを磨きましょう

いかがでしたか?パット技術を磨きたいゴルファーや自宅でのパット練習方法を探している方に特におすすめです。ぜひ実践されてみてください。

パットテクニック 関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート