人気記事アイコン人気記事Pickup

残り50ヤードでのテクニック!SW・AWを上手く使う寄せ方とは

  • LINEで送る
画像:連載まとめ:残り50ヤードでのテクニック!SW・AWを上手く使う寄せ方とは

ピンまで残り距離「50ヤード」。できればピンそばまで寄せておきたいときにザックリやトップなど痛いミスを起こした事ありませんか? 2回に分けてお送りしたサンドウェッジ(SW)・アプローチウェッジ(AW)の記事をまとめてお届けします。

【本連載で学べること】

残り距離「50ヤード」はゴルフコースの形状にもよりますが、技術的なテクニックだけでなく「力みすぎないか」「ダフリやトップが心配」などメンタル的なトレーニングも重要になってきます。

サンドウェッジ(SW)・アプローチウェッジ(AW)を使うことでグッとその負担も軽減します。攻略における準備を想定しながら参考にしていきましょう。

【目次】

SWで距離感を意識した寄せ方の技術

SNC11596.JPG

よくあるダフリやトップを招くケース

*想定するコース状況:ピンまで50ヤード。手前のバンカー越えの必要あり。 通常はSWで軽く振り距離を合わせて打つケースですが、「グリーン手前のバンカーには入れたくない」「しっかりミートしてボールをフワリと上げたい」など様々な心理状況でスイングが緩みザックリやトップといったミスを招くことがとても多いです。

ザックリ・トップが起こるきっかけ

50ヤードの距離でミスが多いゴルファーには、広めのスタンス幅でボール一が右足寄りすぎる傾向があります。このようなスタンスだとスイング軸が左に流れやすく、インパクトが点になるためわずかなズレでザックリを起こしやすい状況となります。 またザックリを避けようと右足に体重を残したりすると、手元を浮かせて今度はトップ気味のスイングとなります。 このような失敗のサイクルにハマってしまった場合、以下の方法を意識してみましょう。

ザックリ・トップが起こる場合の改善方法

    • アドレスではフェースを少し開き、その分を体を左にわけて構えましょう。

 

  • スタンス幅を狭め、ボール一はほぼ中央にセットしましょう。

 

 

  • あまりハンドファーストにせず、両腕とシャフトが綺麗に『Y』の字に近い形をとりましょう。

 

 

『Y』の字に近い形(Yの字アドレス)を意識することで、多少ダフリ気味に入ってもソールが滑り、無難にボールを持っていけます。振り抜きやすいように若干オープン気味な形を取るとなお良いでしょう。 改善できるポイントが意識できたら距離感を優先させる技術を学んでいきましょう。 >>距離感を優先させるテクニックの続きはこちら

1 2 3 4

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート