人気記事アイコン人気記事Pickup

1.5メートルのパーパットを克服!ストロークの大事なポイントを見極めるテクニック

  • LINEで送る
画像:ストロークの大事なポイント

1.5メートルのパット。しかもそれがパーパットとなると緊張感に襲われますよね。そのような状況でカップインの確率を高める方法をお届けします。本記事は前後編に分かれ、後編は「ストロークの大事なポイントを見極める」テクニックをお届けします。

インパクト時のフェースの向きに注意!

Mini Golf

1.5メートルのパーパットを沈める打ち方などはゴルファーによってそれぞれですが、必ず重要なポイントになってくるのは、インパクト時のフェースの向きです。打球の方向性に多大な影響を与えるのはヘッド軌道よりもフェースの向きが重要となってきます。

ボールを真っ直ぐ転がす技術を鍛える

ヘッドを真っ直ぐ引いてそのまま真っ直ぐ出したとしても、インパクトでフェースが開いたり閉じたりすれば狙い通りには転がっていきません。

インパクト時にフェースが目標方向を向いてさえいればヘッドがアウト寄りでもイン寄りでもボールを真っ直ぐ転がせます。1.5メートルの距離なら多少打球がヨロけたとしてもカップインする範囲内からはみ出さずに転がせるでしょう。

フェースをスクエアにして打つことは、アドレスの段階でしっかりとセットしておくことが大事です。
打ち出しの目印に対して慎重にフェースを合わせるようにしましょう。

スクエアに構える感覚を養うのはトレーニングのみ

フェースをスクエアに合わせて打つのは簡単な技術ではありません。日頃からの練習で感覚をつかみ、普段から意識して打てるように心がけましょう。

続いて傾斜時の注意点やスライス・フックラインの時の注意点をお届けします。

>>ストロークのポイントを見極めるテクニックはこちら

1 2

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]