人気記事アイコン人気記事Pickup

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 カット系スライス編

  • LINEで送る
画像:右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 カット系スライス編

ゴルフの初心者はスライス、中級者のプッシュアウトや上級者のコスリ球など「右曲がり」に対して悩みはつきものです。本シリーズではその右曲がりが克服できる練習方法をお届けいたします。プッシュ系スライス・カット系スライス・プッシュアウト・コスリ球に悩むゴルファーはぜひ参考にされてみてください。第2回目はカット系スライス編をお届けします。

カット系スライスの克服練習方法

Swinging to the top

カット系スライスが生まれる原因は、トップで肩がしっかり回っておらず体の右側が窮屈で上体を開きながら下ろしてしまうのが原因です。

まずは肩を回して右サイドに広いスペース作ることが重要になってきます。その上で肩を開かないように切り返せばアウトサイドインの軌道は修正されてきます。

アドレスが肩が開いていると感じた場合は、まずはボールを右に置いて肩を閉じて構えてみましょう。この位置からはトップに深く入りやすく、球を右に打ち出すように振ればインサイドアウト軌道になってドローが出てきます。

それでは克服できる練習方法はチェックしていきましょう。

練習方法1:ボールの1メートル後方からテークバックをしてみよう!

ボールの1メートル後方にヘッドを置いたところからスタートすれば、肩が深く回ってくれます。少しずつ1メートルの距離感でスイングの感覚をつかみ、トップが浅くならないように気を付けましょう。

練習方法2:トップで後方を見て、そのまま打つ練習をしてみよう。

この練習は実際にボールを狙わず素振りベースでやってみましょう。「トップで後方を見る」という動作は、スイング時にキャディバッグなどを設置して、トップでそこをみたら視線を外さずそのまま打つ(練習)をやりましょう。
自然と体の動きを抑え、ボールを狙わないことで無駄に力がはいりません。

まとめ:カット系スライス編

カット系スライスが生み出される原因のひとつに「肩の開きが早すぎる」という点があります。落ち着いて体の右サイドにゆとりを持ち、軌道を修正していきましょう。
次回はプッシュアウトを克服する練習方法をお届けします。

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ

スイング練習 関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート