人気記事アイコン人気記事Pickup

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 プッシュアウト編

  • LINEで送る
画像:右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 プッシュアウト編

ゴルフの初心者はスライス、中級者のプッシュアウトや上級者のコスリ球など「右曲がり」に対して悩みはつきものです。本シリーズではその右曲がりが克服できる練習方法をお届けいたします。プッシュ系スライス・カット系スライス・プッシュアウト・コスリ球に悩むゴルファーはぜひ参考にされてみてください。第3回目はプッシュアウト編をお届けします。

プッシュアウトの克服練習方法

141107-F-KW318-039.jpg

プッシュアウトの問題点:インパクトでのライ角を上手く保てない!

練習方法1:グリップを工夫してみましょう

プッシュアウトが生まれる原因は、上体の前傾が切り返しからインパクトに向かって起きていき同時に手元が浮いてクラブが寝てしまいインサイドからフェースが開いて当たってしまうことです。

手元が浮いてしまう人はインパクトで左手首が伸びてしまっている可能性があります。その場合は左手の小指から3本、右手は中指と薬指だけでクラブを持ち左手首に角度をつけたまま軽く打つ練習をおすすめします。フラットなライ角で振るようになれば手首が伸びず自然と手元も低くなります。

練習方法2:右足に障害物をおいてかかとを上げずに打ってみよう!

インパクト時に上体が浮いてしまうのは、ダウンスイング時に右かかとの上がりがイメージしているより早、右ひざが前にでることが原因です。右足の上に斜めに障害物をおいてかかとが上がらないように打つ練習をやってみましょう。前傾角を保つことで右ひざが前に出てくることは軽減でき、上体が浮くクセも自然と矯正されてきます。

まとめ:プッシュアウト編

プッシュアウトが生み出される原因を特定するためにはスマートフォンなどで自分のスイング動画を撮影するなどを行い、まずは客観的に自分のスイングをチェックしてみましょう。
最終回はコスリ球を克服する練習方法をお届けします。

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ

スイング練習 関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]