人気記事アイコン人気記事Pickup

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 コスリ球編

  • LINEで送る
画像:右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ!克服できる練習方法 コスリ球編

ゴルフの初心者はスライス、中級者のプッシュアウトや上級者のコスリ球など「右曲がり」に対して悩みはつきものです。本シリーズではその右曲がりが克服できる練習方法をお届けいたします。プッシュ系スライス・カット系スライス・プッシュアウト・コスリ球に悩むゴルファーはぜひ参考にされてみてください。最終回はコスリ球編をお届けします。

コスリ球の克服練習方法

120909-M-XK427-009

コスリ球の問題点:クラブのためがキツすぎて調整ができない

コスリ球は、インパクト後にまっすぐいい感じで飛び出しますが途中から右に逃げるように落ちてしまうことが特徴です。林やOBまで行かないものの、ミスショットよりも飛距離が20ヤードほど落ちてしまい本来の飛距離は出ません。原因として考えられることは難しい体重移動を過剰に行ってしまい、ヘッドが上から入っていることが考えられます。また、タメが深くてインパクトでもクラブがリリースされず、ハンドファーストがきつくなっていることも考えられます。

この場合はインパクトポイントを少し右にずらして、ボールを横から捕らえる必要があります。レベルブローになれば球が自然と伸びてきます。

練習方法1:”右手片足打ち”で右サイドインパクトを覚えよう!

それでは体重移動が大きすぎる場合の練習方法をお届けします。

体重移動が大きすぎてインパクトポイントが左になるとヘッドは上から入ります。練習方法としては左足を1歩分後ろに下げ右足1本で打つイメージで振ってみましょう。強制的にインパクトポイントが右サイドになりボールを横から捕らえる感覚が養えます。慣れてきたら徐々に左足を戻し、通常のアドレスで覚えた感覚を試してみましょう。

練習方法2:左足の外側でボールを軽く踏みながら素振りをしてみよう!

次に左ひざが流れないようにする練習を行います。

これは実際に球を打つのではなく、ひとつひとつ体の位置を確認するために素振りからやっていくことをおすすめします。ダウンスイングで左ひざが流れすぎないように、左足の外側にボールをセットし踏んで素振りをやってみましょう。この時に大事なポイントは「左足の内側で踏ん張れるようにする」ことです。力が入りすぎると体全体が力みがちになるので気をつけましょう。

まとめ:コスリ球編

コスリ球はある程度の上級者特有のミスとして知られています。これまで培ってきたゴルフスイング技術を1から変える必要はなく、日頃の練習方法を工夫することで少しずつ改善していきましょう。

右曲がりのミスを徹底解剖シリーズ

スイング練習 関連記事:

関連商品


SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート