人気記事アイコン人気記事Pickup

岡本綾子プロ監修 ミズノ JPX EIII sv ドライバーを発売

  • LINEで送る

ミズノ株式会社は2015年12月4日、『JPX EIII sv』(ジェイピーエックス イースリー エスブイ)シリーズを発売する。前モデル「JPX EIII ドライバー」よりつかまり性能を高めドロー回転の球質による飛距離アップを追求した。


引用:JPX EIII ドライバー(JPX EIII カーボンシャフト付)

ミズノが調査した前モデル「JPX EIII ドライバー」の11万人の試打データから、62%のゴルファーがスライス回転で飛距離をロスする結果が判明。「ミズノ JPX EIII sv ドライバー」の開発ポイントは、ヘッドの帰りをさらに良くすることでボールを捕らえやすくし、ドロー回転による飛距離アップを追求した点です。


引用:JPX EⅢ sv ドライバー(Orochi Light カーボンシャフト付)

飛距離が伸びないスライサーから、飛距離を伸ばせるドローヒッターへ。

ボールを捕らえやすい設計

ヘッドのトウ部(先端部分)とヒール部(根元部分)を軽量化し、ソール部のウェイト(1個10g)に重量を配分することで重心角を大きくしています。また、重心距離も短く設計することでヘッドの返しを良くすることが可能となり、その結果ボールをより捕らえやすくなります。

手元重心設計で力強いインパクトを追求

シャフトには従来モデルよりも手元部が硬く先端部が軟らかい『パワーマキシマイザーシャフト』を 採用し、インパクト時にシャフトのたわみが元に戻ろうとする反動力を利用することで力強いインパクトを可能としています。また、グリップエンド部には、3gのウエイトを充填したカウンターウエイ トグリップを採用し、重心位置を手元に近づけることで、安定したスイング軌道でミート率の高いインパクトを追求しています。


引用:JPX EⅢ sv ドライバー(Orochi Light カーボンシャフト付)

岡本綾子プロが飛ばせるドライバー

「ミズノ JPX EIII sv ドライバー」は2013年より「岡本綾子プロが飛ばせるドライバー」をコンセプトに開発。ヘッドのクラウン部(ヘッド上部)の形状は岡本綾子プロがツアー参戦時に使用していたドライバーを参考にしている。これらの経験からドロー弾道をイメージしやすくテークバックをしやすい形状を採用した。


引用:JPX EIII sv series

◯岡本綾子プロと山田久志氏の対談動画はこちら
http://www.mizuno.jp/golf/jpx/jpx_eiiisv/taidan/

◯ミズノ JPX EIII sv ドライバー 公式サイトはこちら
http://products.mizuno.jp/c/category/golf/jpx/jpx_eiiisv

関連商品

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]