人気記事アイコン人気記事Pickup

前編:ラフ・傾斜地からのアプローチ術!足(ラン)と高さ使って寄せていく基本テクニック

  • LINEで送る
6350426456_775a6cc3ef_b

ラフや傾斜に入り込んでしまったときのアプローチ術はご存知ですか?今回はそのような状況に遭遇した際に適切なアプローチ方法やテクニックを前編・後編に分けお届けしていきます。まず第一回目はラフからランを使って寄せていく基本テクニックをお届けします。

後編:ラフ・傾斜地からのアプローチ術!足(ラン)と高さ使って寄せていく基本テクニック を読む

ラフからはランを使うのが基本!

Retief Goosen contemplating his approach shot at 10 (18w).

ラフからのアプローチは、インパクトでボールとフェース面の間に芝がはさまり、バックスピンがかかりにくいので「ランを使って寄せていく」ことが基本です。
ボールをグリーンにキャリーさせて、そこから転がしていくことを第一に考えましょう。ポイントはヘッドの鋭角な入射角を作ることです。

また、グリーンエッジからピンまでの距離が近い時などは、ランを使うことができません。そのような場合はボールをより高く上げて球の重さで止める方法を選択します。ここでのポイントは、アドレスでの準備と手首を柔らかく使ったフェースコントロールです。

状況を判断してランを使うか、高く上げていくかを見極めていきましょう。

ラフに入り込み、ランを使ってアプローチする場合

ランを使うアプローチは、短い距離ほどスタンスを狭くして、ややオープンに保ちましょう。ボールを右において、6対4くらいの左足体重に構えることがベストです。サンドウェッジのフェースを少し開いてセットするのがポイント。深いラフでもうまく抜け出すことができます。

バックスイングでコック(手首)をうまく使うには「シャフトを立てる」感覚で親指を空に向けるように振り上げましょう。空に向けることで手首をタテに折る動きがスムーズにでき、ヘッドが高い位置に上がります。その結果、V字の軌道を正しく作り出すことができるのです。

胸の面が打ち出し方向とは逆に向くように体をしっかり回すことも大切。アマチュアゴルファーは体の回転を止めてクラブをインサイドに引きすぎてしまう人が多いので注意しましょう。

またラフはインパクト時の芝の抵抗が大きくなるので、通常の打ち方ではうまく脱出できません。いつもよりコックを使ってクラブを振り上げ、鋭角に振り下ろしましょう。
V字の軌道を作れば芝の抵抗が張り、深いラフでも簡単に脱出できます。

>>高く上げていく編はこちら

1 2

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]