人気記事アイコン人気記事Pickup

右手首の形をキープする練習法② コックのバリエーションを覚える 編

  • LINEで送る
画像:連載:右手首の形をキープする練習法② コックのバリエーションを覚える 編

本連載では右手首の形をキープするためのおすすめ練習方法を公開。正しく形を作ることで力みのないスイングができるようになりましょう。第2回目は「コック」のバリエーションと正しい形を覚える編をお届けしていきます。連載は全4回を予定しています。

先に「コック」を作ってからスイングをしてみよう!

右手首の角度を保つには、まずは正しい右手首の形を覚えることが大事です。さっそくクラブを握りながらスイングを確かめていきましょう。

まず手首だけでシャフトが地面と平行になるところまで上げましょう。次に左腕のつけ根から右に回して肩甲骨に張りを感じながら、ヘッドを飛球線後方に向けます。右手首の形が出来上がり、そこからトップへ向かうと左甲骨が引っ張り合って動きが制御させるためコンパクトなトップが完成します。
「タメ」を作ることでパワーを効率よく伝えられ、コンパスクトなスイングながらも飛ぶことが可能になります。

  • 1)シャフトを地面と平行になるまで手首でクラブを上げましょう
  • 2)腕を右に回してヘッドを飛球線後方に向けましょう
  • 3)手首の角度を保ったままスイングしてみましょう

2)補足:手首の角度は固定したまま左腕をつけ根から回旋させヘッドを飛球線後方に。背中の左肩甲骨辺りに張りを感じましょう。

最初のコックは左手の親指の向きで変えてみよう!

最初のコックを決めるには、左手の親指がポイントになってきます。今回は「フックグリップ」「スクエアグリップ」「ウィークグリップ」の三種類をご紹介します。

フックグリップ

フックグリップの場合は、左腕が右にまわっている状態のため、手首だけで軽くあげてもヘッドは大きく右側へ向きます。またフッググリップは、ストロンググリップとも呼ばれており、構えた段階から自然にフェースが閉じた状態になります。スライスで悩んでいる方には効果的なグリップです。

スクエアグリップ

正面からグローブのマジックテープが少し見える程度のスクエアグリップは、斜め45度くらいの方向にヘッドが走ります。

ウィークグリップ

手首を折りたたむとクラブは親指方向に動くため、グリップと親指が平行になるウィークグリップは、ほぼ正面に上がってきます。また、ウィークグリップでは構えた段階からフェースが開き気味になっているので、インパクトの瞬間もフェースが右を向いた形になり、スライスボールが出やすくなります。

まとめ:コックのバリエーションを覚える編

今回のポイントは、右手首の形を先に作って振ることです。第1回と繰り返しになりますが、正しい形を覚えることでスイングは安定します。次は下半身を効果的に使う方法をお届けしていきます。

連載:右手首の形をキープする練習法 シリーズ

スイング 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート