人気記事アイコン人気記事Pickup

右手首の形をキープする練習法③ 「下半身」主導で振る技術 編

  • LINEで送る
画像:連載:右手首の形をキープする練習法③ 「下半身」主導で振る技術 編

本連載では右手首の形をキープするためのおすすめ練習方法を公開。正しく形を作ることで力みのないスイングができるようになりましょう。第3回目は「下半身」主導で振る技術編をお届けしていきます。連載は全4回を予定しています。

両足を伸ばしたまま練習でスムーズな切り返しを

画像:連載:右手首の形をキープする練習法③ 「下半身」主導で振る技術 編

ドライバーになる特に力いっぱい振ろうとしてどっしり構えてしまう人がいますが、膝を曲げるほどスイングは複雑になっていきます。体が使いにくく下半身がとまりやすいので、手先で「タメ」を作ろうとしてミスを招いてしまいます。

シンプルで効率の良いスイングをするためには

良いスイングをするためには、両足を伸ばしたまま打つ練習方法を実践していきましょう。上体が回る可動域は減るのでトップでは少し窮屈になります。ですが、左足に重心を移すだけの小さな動きでスムーズアンドスピーディに切り返すことが可能になります。うまく回れば理想的な下半身主導のスイングを実現でき、確実に右手首の角度を保って振り切れます。

また、アドレス時に直角を作ることが大事です。直角の作り方はこちら。

<練習方法Tips:直角を意識したアドレスの入り方>

  • 1)いつものスタンス幅で立ち、足を伸ばしたら股関節に両手を当てて意識を向け、そこから上体だけを前傾させましょう
  • 2)背中とシャフトの角度を90度にするイメージで手の位置をきめましょう
  • 3)肩の真下より少しボール寄りに手がでるくらいで調整できればOKです。

まとめ:

今回のポイントは、下半身主導で振ることです。足を伸ばすと動きが制御されて体が回しにくいため、手先でバックスイングしがちです。スイングの時は左の背中から右に押すように回しましょう、次はクロスハンドの練習方法をお届けしていきます。

連載:右手首の形をキープする練習法 シリーズ

スイング 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]