人気記事アイコン人気記事Pickup

5分でできる! クラブのツヤと輝きを取り戻すメンテナンス術

  • LINEで送る
beforeafter

男女とも国内ツアーが開始、いよいよゴルフシーズンも本番です。
ラウンドの機会も増えていく事となりますが、そうなると当然クラブもダメージを受けていきます。
そこで今回は手軽にでき、かつツヤと輝きを復活させるクラブメンテナンス術を紹介したいと思います。

みんな悩む? メンテナンスのタイミング

ラウンド後にクラブの整備・メンテナンスをしているという方は実はそんなに多くないかと思います。
ラウンド終了後には本数確認を行い、その際にコースの方がある程度拭いてくださるのでそれでOKという方が殆どかと思います。

水拭きだけで終わり、そのままフードをして次の練習・ラウンドまで放置・・・と、冷静に考えてみるとクラブにはあまり優しくない状況となります。
それになにより「自分の手でキレイにする」事でクラブに対する愛着もわきますし、極端な話をいうとキレイに保持し続けることで下取りの査定金額も変わってきます。
手軽な方法を習慣づける事でピカピカの状態を維持しましょう!
(※クラブの材質によっては傷んだりすることもありますので、実施の際には自己責任にてお願いいたします。

■用意するもの

IMG_7925

とはいえども、いちいち専用のものを用意するというよりは、流用品をメインに揃えます。用意したのは以下の通りです。

  • キッチンペーパー(乾拭き・拭き上げ等に使用)
  • メラニンスポンジ(最初の汚れ落としに使用)
  • キズ消しコンパウンド(車用で売られているもの)
  • マイクロファイバータオル(仕上げに使用)
  • 自動車用つや出し(コーティング)剤(仕上げに使用)

キッチンペーパー~マイクロファイバータオルはすべて100円ショップで購入できます。車用コーティング剤は、ご自身で洗車をされる方は持ってらっしゃる方も多いかと思いますが、なかったとしても量販店で1000円前後で購入できます。もちろん洗車に使えますし、クラブのメンテナンスで使うのはほんの少量ですので一つあってもよいかと思います。色々な種類がありますが、洗浄成分が入っていても問題はないので安価なものでよいと思います。

それだとちょっと不安という方は、写真では紹介していますが「Plexus(プレクサス)」のような車用というよりは、万能系のものを購入してもよいかと思います。少々値ははりますが、家庭の掃除にも使えますので。
では早速実践してみましょう。

■メラニンスポンジで汚れ落とし

IMG_7926

家族のものも含めてもっともイケてない子を今回は見つけ出して救い出すことにしました。
テンプラ傷も生々しいFW君、クラウンもくすんで傷も多くこれではきっと買い取りに出しても査定は厳しいでしょう・・・
復活への第一歩はメラニンスポンジでの汚れ落としから。とはいえ難しいことは何もなく、水をつけてさらっと擦ります。

IMG_7927

一通り磨き終わったら、キッチンペーパーで乾拭きし水分を取ります。
多少キレイになりましたか・・・ね。。。正直そこまで変化はありません。ですのでくすんでいる原因は汚れではなく細かな傷だという事がこれでわかります。

IMG_7928

 

■コンパウンドで傷とくすみを消す

では傷を消していこうということで、コンパウンドの出番となります。

IMG_7929

キッチンペーパーに少量取り、優しく磨いていきます。(本来はネル素材などの軟らかい布が好ましいです)

IMG_7930

こうやってみると不安になるかもしれませんが、ペーパーの面を変えてあせらずゆっくり磨いていくとコンパウンドがなくなっていき、だんだんと綺麗になった姿を現してきます。期待しつつそのまま乾拭きを行いましょう。乾拭きはマイクロファイバータオルで行うとよりよい感じで仕上がります。

IMG_7931

お!だいぶくすみがとれましたね!
いよいよ仕上げに入ります。
>>つや出し剤で仕上げ編はこちら

1 2

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート