人気記事アイコン人気記事Pickup

右手首の形をキープする練習法④ 「手に頼らない」スイング 編

  • LINEで送る
画像:連載:右手首の形をキープする練習法④ 「手に頼らない」スイング 編

本連載では右手首の形をキープするためのおすすめ練習方法を公開。正しく形を作ることで力みのないスイングができるようになりましょう。第4回目は「手に頼らない」スイングが作れる技術編をお届けしていきます。連載は全4回を予定しています。

体主導のスイングで「タメ」をキープ

画像:連載:右手首の形をキープする練習法④ 「手に頼らない」スイング 編

これまで「タメ」「コックのバリエーション」「下半身」とポイント別にわけてお届けしていきました。最終回はコックをギリギリまで振る感覚を養うのにお勧めの練習方法クロスハンドドリルをご紹介します。

クロスハンドドリルで重要なポイント

手に頼らないスイングを作るためには、左右を逆に握るクロスハンドドリルがお勧めです。練習ドリルとして高難度なのでドライバーではなくウェッジを準備しましょう。クロスハンドドリルの最大のポイントは右手が上にあることで、右腕が容易に伸ばせない点です。

インパクト時に右腕を伸ばすことでゴルフボールに届かせているゴルファーは結構多く、クロスハンドで上手く打てない人は、普段いかに右腕が早く伸びてしまっているかがわかります。この練習方法で強制的に右腕の動きをブロックすることで手先の余計な動きを抑えて振る感覚をつかみましょう。

<クロスハンドドリルのステップ>

改めてお伝えしますが、クロスハンドドリルは高度の練習です。段階ごとに振り幅や意識するポイントを変えていきましょう。

ステップ1:腰から逆の腰まで

一番初めは左右を逆に握るクロスハンドドリルに慣れるため、腰から腰までのスイングからはじめましょう。
手が主導になるのではなく、胸を左右に向ける意識で体をしっかり回せば小さな振り幅でもリズムよく振ることができます。
また左右対称の振り幅をイメージして、ヘッドを目標へ出していく意識で振れば、インパクトで止まることなく最後まで振り切れます。

ステップ2:肩から逆の肩まで

腰から逆の腰の振り幅で違和感がなくなってきたら肩から肩までの振り幅にトライしてみましょう。
トップでシャフトを立てる意識をつけ、フィニッシュでもシャフトを立てる意識をもってみましょう。胸を目標に向けるようにしっかり回転させましょう。

ステップ3:フルショットでスイング

肩から逆の肩までの振り幅で当たるようになったら最後はフルショットに挑戦してみましょう。スイングが大きくなるにつれ下半身の動きが必要不可欠になります。
右足で地面を踏み込むようなイメージで下半身リードのスイングを意識しましょう。

まとめ:

今回のポイントは、強制的に手の動きを制限して体主導でスイングすることです。今回はウェッジでの練習をお勧めしましたが、最終的にはドライバーで行い「タメ」をどのクラブでもキープできるようになりましょう。

連載:右手首の形をキープする練習法 シリーズ

スイング 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート