人気記事アイコン人気記事Pickup

右手首の形をキープする練習法 「タメを作る」特集編

  • LINEで送る
画像:連載まとめ:右手首の形をキープする練習法 「タメを作る」特集編

本連載では右手首の形をキープするためのおすすめ練習方法を公開してきました。正しく形を作ることで力みのないスイングができるようになるためには「タメ」・「コック」・「下半身」・「手に頼らない」とポイント別の練習方法を重要です。連載のまとめ記事でこれまでの練習方法を復習してきましょう。

【本連載で学べること】

「タメ」を意識して」とよく言われるアマチュアゴルファーを対象にしています。意識するためには「タメ」という言葉にとらわれすぎると小細工をしてしまいミスの原因につながります。トップの形を守り、手首の角度をキープできる方法を学んでいきましょう。理想的なレイトリリースのスイングが可能になります。

【目次】

「タメ」を作る!トップの形をインパクトまで維持しよう

画像:連載:右手首の形をキープする練習法① 「タメ」を作る基礎知識編

「タメ」のポイントは、ずばり右手首です。グリップ圧を一定にしたまま、トップの右手首の形をインパクトまで変えない意識で振り下ろします。操作しやすい右手に注目することで確実に角度を保つことが可能になり、理想的なレイトリリースのスイングができます。
クラブの入射角が安定し、溜めた力を効率よくボール打つけることができます。「タメ」を作ることを意識しすぎ腕を絞ってしまうと、手打ちになってパワーを効率よく伝えることができないので注意しましょう

アマチュアゴルファーはダウンスイングで「タメ」を作ろうとしてしまい小手先のテクニックに走りがちです。プロゴルファーはグリッププレッシャーを保つことで右手首の角度を変えずに下ろします。手を使わないから体もスムーズに回転し、パワーを効率よく伝えることができます。

ドリル:トップからフルスイングして手打ちになっていないか調べよう

トップからフルスイングすることで、手や体の動きをチェックしてみましょう。

  • 1:アドレスに入り、クラブを振り上げトップの形を作りましょう
  • 2:トップの形を維持し3秒間固定します
  • 3:左腰から動かして振り下ろしてみましょう *手では降ろさないように

スイングの勢いで振り切れない分トップで一度止まってから振り下ろすと、手や腰の動きを確認しやすいです。トップの姿勢を維持し3秒止まったら左腰から切り返しを始動させて一気に振り抜きましょう。

まとめ:「タメ」を作る 基礎知識編

ポイントは、トップの右手首の形をインパクトまで変えない意識で振り下ろすことです。手先の動きを抑える意識を持ちスイング練習に励みましょう。次は右手首の正しい形を覚える方法をお届けしていきます。

>>コックのバリエーション編はこちら

1 2 3 4

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]