人気記事アイコン人気記事Pickup

パーを量産したい!スイングの精度を高める3大テクニック

  • LINEで送る
画像:パーを量産したい!スイングの精度を高める3大テクニック

安定したショットと高さのコントロールはパープレーには欠かせません。そこで今回はポイントごとにスイングの精度を高めるテクニックを公開。「ボール位置」「インパクト」「弾道の高さ」とピックアップしていきます。3つのポイントを確認して精度を高めていきましょう。

高さのコントロールでパーを量産しよう!

画像:パーを量産したい!スイングの精度を高める3大テクニック

パープレーに必要な縦の距離感を出すには、ショットの精度アップは欠かすことができません。
ボール位置」「インパクト」「弾道の高さ」の3つの精度を向上させる取り組みを行っていきましょう。

「ボール位置」は、ラウンド中に近づいたり右に寄ったりと微妙に変化します。それが実はボールの曲がりにも影響していますので、練習では自分が打ちたい間合いにボールを置く練習を行いましょう。

また「インパクト」は、正確な距離を出すためにはクリーンにボールに当てる技術が求められます。とくにアイアンショットではダフリは避けたいところですよね。

最後に「弾道の高さ」とは、縦の距離の打ち分けに必要な弾道イメージを養うことです。低いボールをイメージすると必然的にキャリーが小さくなり、飛びすぎを抑えれます。やみくもにフルショットをするのではなく、弾道の高さをコントロールするショットも必須になります。高さによって飛距離が変わるイメージを持てばパープレーの達成は必ず近づきます。

テクニック1 ボールの位置 編

ボールとの距離を一定に保つ感覚を鍛えましょう。大きな曲がりやシャンクなどのミスは、ボールとの位置関係がかわってしまっていることが原因のひとつです。

番手によって肩からボールまでの高さや距離を普段からチェックしておき、ラウンド中はつねにその間合いでボールをセットできるようにアドレスするテクニックが重要です。とくに近づきすぎには注意していきましょう。

>>テクニック インパクト編はこちら

1 2

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]