人気記事アイコン人気記事Pickup

【飛距離アップに】[ドラコン岡部プロからの寄稿]ラフサイドゴルフアカデミー 面の向き2

  • LINEで送る
画像:岡部

Asg Golf Magazineにラフサイドゴルフアカデミーの岡部健一郎さんが登場!スイング理論やトレーニングノウハウをお届けしていきます。

ラフサイドゴルフアカデミー 面の向き 2

ドラコン国内記録431ヤードを誇る“ドラコン界のカリスマ” 岡部健一郎さんによる寄稿記事です。「ラフサイドゴルフアカデミー下丸子校」のチーフインストラクターを務めています。プロの活動については、ご本人のWebサイトでフォローできます。本記事は、アメーバブログに投稿された記事を岡部さんから許可を得て掲載したものです。元のブログ記事もどうぞ。

前回は簡単にフェースの向きについて関してお話しました。

前回記事はこちら:ラフサイドゴルフアカデミー 面の向き1 まとめ

今日はフェースが軌道に対してスクエアになるとどのような効果が出るのかを解説します。

まずフェース面がスイング中に変わらないということは、アドレスした時のフェース面でインパクトを迎える可能性が高くなります。

スクエアにヒット出来る確率が上がります。ダフリやトップも減ってきます。これはまたミスの所で詳しく説明します。
中心から綺麗な真円のイメージのスイングが作りやすいです。スイングの円は、まんまるに動かすのが理想です。
しかし体が少し左右に動いたり、加速とともに遠心力が強くなったりで、実際には真円にはなりませんが、基本スイングのイメージは真円です。

シャフトと腕のしなりを一体化することが大事

そして、ここが重要です!!

シャフトと腕のしなりを一体化し、大きく安定したしなりを作りやすく、更にしならせたい時も容易になります。
飛ばすために大切なのはシャフトや腕がしなってその戻り振り出しがボールを弾く事。これが出来なければ飛びません。

しならない棒切れの様なものでは、たかが知れているという事です。フェースを開閉すると、このしなりが上手く作れません。

家の中にあるものでスイング実験

またまた実験。

お手元にうちわ有りますか?あの風を起こす うちわ です。横に仰いでみて下さい。風を起こしてみてください。

うちわは、しなりながら風を起こしていますね。
うちわの面は開閉してますか?
していませんよね。

もっと強く風を起こすには、振りを大きくしてうちわをしならせて風を起こします。
うちわの面を開閉しますか?しませんよね。
開閉したら上手く風は起こりませんね。
これが実態です。

面の向きがスクエアでないとシャフトを上手くしならせられないんですね。

スクエアな状態のしなりは、立しなり、とか純しなりとか、そんなイメージですね。軌道上にしなっている感じです。

それと、ゴルフクラブはシャフトの延長線上に重心がありません。フェースの真ん中辺りかドライバーだとその後方だったりと。

フェースの向きが変わらずに打てると重心の位置の関係で勝手に横しなり、ねじれ、を起こします。一般的に言うトルクというやつです。

ですからスクエアにスイングしても、高速カメラで見ると開閉しているように見えるんです。

面の向き 2 まとめ

この2つがミックスすると、とんでもないスピードが出るんですね。
要するに純しなりを意識すれば両方のしなりが使えるわけです。

良いですよね。この方が。
飛ぶんですよ。

飛ぶ人はダウンスイングでシャフトをしならせる事を考えます。

私が431ヤードを打つきっかけになったしならせる練習。まずは面をスクエアにして、しなりを感じられるようにしましょう

公式ブログはこちら

ドラコン岡部健一郎ランボー日記 Discovery-Golf.com

岡部健一郎さん 関連記事:

Asg Golf Magazineへの寄稿について

この記事のようにAsg Golf Magazineではみなさんのゴルフノウハウやゴルフ用品のレビュー、練習テクニックなど様々な寄稿をお待ちしております。全国のゴルファーに閲覧される当サイトにぜひご寄稿ください。詳細はお問い合わせより。

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]