人気記事アイコン人気記事Pickup

つかまる打ち方を会得!右プッシュになりやすい あおり打ち対策

  • LINEで送る
画像:つかまる打ち方を会得!右プッシュになりやすい あおり打ち対策

右プッシュが続く大きな要因にはヘッド軌道に微妙な狂いが生じ、極端なインサイド・アウト軌道になっていることが挙げられます。またインパクト時にフェースが開いてしまうと「あおり打ち」になってしまう可能性も。そこで今回はつかまる打ち方を解説。右プッシュ対策に取り組みます。

フェースの向きを変えてヘッド軌道も変える

画像:つかまる打ち方を会得!右プッシュになりやすい あおり打ち対策

ゴルフスイングはイン・トゥ・イン軌道が基本ですが、インサイドから入りすぎてしまってはインパクトでフェースが開き「あおり打ち」になってしまいます。その結果ボールが右に打ち出されてしまい、右プッシュの原因と繋がってきます。
もしかしたらインサイドから入りすぎて打っている以前にバックスイングからしてインサイドに上がりすぎているのかもしれません。

自分では普段通りにスイングしているつもりでもヘッド軌道は気づきにくい箇所です。その判断は難しく修正も容易ではありません。

チェック方法としては、ヘッドの後ろ側を少し浮かせてロフトを立てて構えるのがおすすめです。この構え方だと、開き気味のフェースも閉じてスクエアになり、意識せずともヘッド軌道を修正する効果が得られます。

チェック!フェースが開いているとインから入りやすい

構えたときにフェースの向きに合わせてクラブを引きますが、この行動はダウンスイングにも大きな影響を与えます。

つまりアドレス時にフェースが大きく右に向いていたら、ヘッドは極端にインサイドにあがりやすくなり、ダウンスイングもインから入りすぎるようになるというわけです。

ヘッドの後ろ側を浮かすとまっすぐに弾ける

ヘッドの後ろ側を少し浮かせロフトを立てるようにすると、フェースをかぶせなくてもスクエアの状態になります。そうするとテークバックでヘッドをまっすぐ弾けるわけですから、ダウンスイングでも適度な高さから下ろして打てるようになるでしょう。
ボールのつかまりをよくして、方向性のいい打球となるはずです。

回転を止めずに振る

ボールのつかまりをよくして打つためには、左ヒジを早めにたたみ、フォローサイドで手元を体の近くに通すように振り切ってみましょう。

ただし左ヒジをたたむことを意識しすぎて体の回転を止めてはいけません。フルスイング時よりも手元の低い、小さなフィニッシュとなっても、肩をしっかりと回しましょう。

あおり打ち対策 まとめ

「あおり打ち」になっていると気づいた時や指摘されたときは、ヘッドの後ろ側を少し浮かせてロフトを立てて構えてみましょう。フェースの向きが変われば自然にヘッド軌道も変わり、右プッシュ対策につながります。

>>「振り遅れ」対策記事を読む

おすすめのスイング改善 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート