人気記事アイコン人気記事Pickup

距離のあるバンカーを克服!フォロースルーを大きくする方法とは

  • LINEで送る
画像:距離のあるバンカーを克服!フォロースルーを大きくする方法とは

YouTubeチャンネル「GOLFDIGESTTV」の企画「キムトモの分かりました!ゴルフ上達レッスン」にて距離のあるバンカーショットに関するお悩みをピックアップ。アマチュアゴルファーのお悩みを解消するポイントを押さえつつ詳しくスイング改善方法が学べる内容となっています。

距離のあるバンカーが苦手! フォロースルーを大きくし距離を出そう

【この動画で学べるポイント】

アマチュアゴルファーのスイングを木村友栄プロがチェックし、バンカー対策方法をレッスン。「左重心で振り抜く方法」「距離を出すにはフォロースルーを大きく」「52度やピッチングウェッジも試してみよう」などポイント別で改善テクニックが学べます。

動画の後半では木村友栄プロ自身がポイントをおさらいしながらクラブが入る角度などを実際にレクチャー。プロならではのフォロースルーも実際に確認し自分のスキルアップにつなげていきましょう。

「バンカーショット」が難しい理由

バンカーショットはボールを直接打って砂にボールが入り込んでしまうイメージより、ボールの下にヘッドを滑り込ませて砂ごとボールを運ぶイメージに切り替えることが重要です。

どうしても砂地に入り込んでしまいイメージが先行する場合は、バンカーショットの練習時にあえてボールを外してティーをバンカーにさし、ティーの手前5センチにヘッドを入れる練習をやってみましょう。

砂をグリーンに飛ばすイメージでスイングを行い、慣れてきたらボールを置いてみてうまく抜け出せるかスイング練習を行ってみましょう。

これまでも当サイトではバンカー対策関係の記事を配信してきました。合わせてこちらもお楽しみください。

スイング 関連記事:

チャンネルはこちら

GOLFDIGESTTV

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート