人気記事アイコン人気記事Pickup

ナイキ ヴェイパーフライとヴェイパーフライプロを試打!「全力試打!ギア王」にて公開中

  • LINEで送る
画像:ナイキ ヴェイパーフライとヴェイパーフライプロを試打!「全力試打!ギア王」にて公開中

ナイキから2月に発売された「ナイキヴェイパー」シリーズ2世代目となる「ナイキヴェイパーフライ」と「ナイキヴェイパーフライプロ」。その最新モデルの性能がチェックできる動画がYouTubeチャンネル「みんなのゴルフダイジェスト」全力試打!ギア王の企画にて公開されています。

全力試打!ギア王 ナイキ 「ヴェイパーフライ」「ヴェイパーフライプロ」

<この動画で性能をチェックできるクラブ>


月刊ゴルフダイジェスト編集部が運営する「みんなのゴルフダイジェスト」の「全力試打!ギア王」の企画内にて公開された動画です。

ローリー・マキロイも使用する「ナイキ ヴェイパー フライ プロドライバー」はヘッドがやや小振りに見える洋梨形状で弾道を操作しながら振り抜きたい中・上級者向けのモデルです。またヘッドが丸型形状の「ナイキ ヴェイパー フライ ドライバー」は安定感ある弾道でシンプルなゴルフを目指すすべてのゴルファーに対応しています。

本モデルの特徴としてはクラウンとソールに軽量素材のRZN(レジン)を採用した点です。比重がチタンの3分の1とも言われる素材が設計自由度の大きさをもたらし、両端の重さが異なるウェイト「フライトポッド」を搭載することが可能に。重心変えてスピン量の調整ができる最先端技術を集結させたモデルとなっています。

前作から全体的に機能面における飛距離性能の進化しており、クラウン部が約30%軽量化されたことで余剰重量をヘッド後方の低い位置まで落としています。高弾道でボール初速の向上につなげるため、フェースの薄肉化(パワーライトフェース)、ソールのキャビティー(コバートキャビティー)、溝(コンプレッションチャネル)の形状を最適化しています。

動画では、「ヴェイパーフライ ドライバー」 「ヴェイパーフライプロ ドライバー」をそれぞれ試打。「ヴェイパーフライ ドライバー」 は460ccの大きさを感じずシャープなフェースと弾き感のある打感が特徴的です。「ヴェイパーフライプロ ドライバー」のインプレッションは押していける感覚を覚えれるくいつくような設計を語っています。
動画の後半ではロフト調整機能についてもピックアップし使用方法などをチェックできます。

全力試打シリーズ 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]