人気記事アイコン人気記事Pickup

ルールを覚えて楽しくゴルフ♪ 斜面で止まっていたボールが転がってOBに入った場合

  • LINEで送る
画像:シリーズ:ルールを覚えて楽しくゴルフ♪ 斜面で止まっていたボールが転がってOBに入った場合

プロゴルファーも間違えるほどの難しいゴルフルール。今年は4年に一度のルール改正の年ということでこれまでのルールと新しいルールをおさらいしていきましょう。事前に知っていればゴルフはさらに楽しくなります!

斜面で止まっていたボールが転がってOBに入った場合のルールを確認!

Urbanowicz_Krzysztof_GOLF

  • 1打罰:リプレース(プレーヤに原因がある場合)
  • 1打罰:前打地点から打ち直し(OB)

ティーショットを打ったあと予想もしていない斜面にボールが止まってることってありますよね。ボールのバランスが悪くて近寄りづらい、など経験もあるかと思います。そんな時、ついゴルフボールが転がってしまいOBゾーンに入ってしまった時の対処方法について確認していきましょう。

動いた原因がプレーヤーにある場合は1打罰を受け、ボールはリプレース(ボールを元の位置へと戻すことです)します。また原因がプレーヤーに見出せない場合は、罰はなくそのままプレーができます。OB区域に入ればOBとなります(規則18-2 2016年改定)。

OBの場合は最後にプレーした地点に戻って打ち直しです。

斜面で止まっていたボールが転がってOBに入った場合のまとめ

無理に打ってしまい、抜け出せなくなったら打数が増える可能性もあります。「ボールが動く原因」をしっかりと考えた上で対応方法を準備しておきましょう。

ゴルフ初心者 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]