人気記事アイコン人気記事Pickup

ルールを覚えて楽しくゴルフ♪ 木の上のボールが回収できない場合

  • LINEで送る
画像:シリーズ:ルールを覚えて楽しくゴルフ♪ 木の上のボールが回収できない場合

プロゴルファーも間違えるほどの難しいゴルフルール。今年は4年に一度のルール改正の年ということでこれまでのルールと新しいルールをおさらいしていきましょう。事前に知っていればゴルフはさらに楽しくなります!

木の上のボールが回収できない場合

Treetops Golf Resort - Rick Smith Tradition Course, Gaylord, Michigan

関連記事:木の上のボールが自分のゴルフボールか確認できない場合

  • 1打罰:アンプレヤブル

「木の上のボールが自分のゴルフボールか確認できない場合」編の内容とは違い、今回は自分のボールと確認できたがボールを回収できない場合をお届けします。

回収できない場合は、1打罰を受けてアンプレヤブルの処置となります。ボールの真下地点をニヤレストポイントとし、そこから2クラブレングス以内でボールに近づかない地点にドロップ。その後プレーを続行します。

また揺らせば落とせそうと判断した場合は、落とす前に「自分のボールだったらアンプレヤブルにする」という意志を連絡する必要があります。その結果アンプレヤブルの1打罰のみで処置が適用されます。

何もいわないで樹木を揺すってボールを落としたりすると、インプレーのボールを動かしたことで1打罰を受け、そのボールは元の位置にリプレースするか、さらに1打罰を付加してアンプレヤブルの処置をとらざるを得なくなるので注意が必要です。

木の上のボールが回収できない場合のまとめ

ボールが自分のものと確認できた場合は落ち着いて状況を判断し、適切に対処しましょう。また樹木を揺すってボールを落とす際は周りの状況を確認して行動しましょう。

ゴルフのルールをチェック! 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート