人気記事アイコン人気記事Pickup

アイアンでシャンクに悩まされているゴルファーに!原因と対策方法をチェック

  • LINEで送る
画像:アイアンでシャンクに悩まされているゴルファーに!原因と対策方法をチェック

ツアープロでも発生してしまう「シャンク」はご存知だろうか。今回はアイアンでシャンクが発生してしまうアマチュアゴルファー向けに原因と対策方法をお届けします。大タタキになってしまう前に事前に練習をしておきましょう。

「シャンク」ってなに? 発生する原因とは

画像:アイアンでシャンクに悩まされているゴルファーに!原因と対策方法をチェック

シャンクはクラブヘッドのホーゼル(根っこ)にボールが当たって発生するものです。知らない間に構えた位置よりもヘッドがボールの向こう側に当たってしまい、そのホーゼルの部分がボールに当たってしまうことから発生します。

「シャンク」を解消するための練習方法

ラウンド中や練習中にシャンクが気になってきたら、まずはクラブヘッドの先で打つように意識してみましょう。

シャンクが出たときと同じスイングをしているとシャンクは再発します。
応急処置として実践されてみてください。

さて、シャンクを根本的に改善するためには構えたときのバランスが基本に忠実かどうかを確認しましょう。
例えばダウンスイングで体の右サイドが前に出てしまっていませんか?上体が突っ込みすぎ、そこから当てにいこうとする動きがシャンクの原因とつながります。基本的なフォームをしっかり固めることでシャンクはグッと減ります。

レッスン1:シャフトクロスを改善!振り遅れないようにコンパクトに振る

シャフトクロスを直すにはアーリーコックが効果的です。グリップエンドがボールを指すようにコックしていきましょう。

またヒジが暴れるのもシャフトクロスの原因です。バックスイングでは右ヒジ、フォローで左ヒジを真下に向けましょう

レッスン2:下半身を使って突っ込みを防ごう

上体が突っ込んでしまうので左サイドが詰まってクラブを振り抜けきれないときもシャンクは発生します。頭を残してクラブヘッドを振っていきましょう。右ヒザが出る前に、右腰を押し込んでいく感覚を持ちましょう。

シャンクの原因と対策方法 まとめ

ラウンド中や練習中のシャンクは予想もしてないところにボールが飛んでいってしまい落ち込んでしまうものです。しっかりと対策し、本番に臨んでいきましょう。

アイアンのスイングを改善! 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート