人気記事アイコン人気記事Pickup

インパクトで球を押し込むテクニック!最後の一押しに必要な技術

  • LINEで送る
画像:インパクトで球を押し込むテクニック!最後の一押しに必要な技術

ティーショットやゴルフ練習でドライバーを持つと自分の限界飛距離まで飛ばしたくなってしまうものです。インパクト全体に力を込めるのではなく「もう一押し」という感覚でスイングしてみませんか? 今回は球を押し込むテクニックをお届けしていきます。

球を押し込む感覚の重要性

Masters Hole #7

高反発ドライバーや振りやすいクラブを使用していたとしても、スイングの基礎は当然ですが重要になってきます。
今回の「球を押し込む」というテクニックは、インパクトでヘッド(フェース)が球にくっついている時間をできるだけ長くしてパワーを伝えることを指しています。

できるだけ長くパワーを伝えることで、球がつかまり強い弾道で飛ばすことができます。また当てるだけのインパクトでは、球離れがはやくなってしまい総合的な飛距離は落ちてしまいます。

頭を残すことが大事? 球を押し込むテクニック

球を押し込むためのポイントは二つあります。まず一つ目は、球をしっかり見て頭を残すことです。「ビハインド・ザ・ボール(インパクト時に頭はゴルフボールより後ろ(右打ちなら右側)に残すこと)」のカタチを正しくつくることが重要になってきます。

二つ目は、「右足の蹴り」です。頭を残すことと「右足の蹴り」を同時にヘッドを低く長く出していきます。うまく意識して行えたら体全体で球を目標方向に押し込むことができるようになります。

球を押し込むテクニック まとめ

インパクト時に球を押し込めるかどうかが飛ばしのポイントです。早速ゴルフ場で実践してみましょう。

飛距離を出すドライバーテクニック 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート