人気記事アイコン人気記事Pickup

【飛距離アップに】[ドラコン岡部プロからの寄稿] どぼちて、シャンク

  • LINEで送る
IMG_8575_comp

Asg Golf Magazineにラフサイドゴルフアカデミーの岡部健一郎さんが登場!スイング理論やトレーニングノウハウをお届けしていきます。

ラフサイドゴルフアカデミー シャンクの原因について

ドラコン国内記録431ヤードを誇る“ドラコン界のカリスマ” 岡部健一郎さんによる寄稿記事です。「ラフサイドゴルフアカデミー下丸子校」のチーフインストラクターを務めています。プロの活動については、ご本人のWebサイトでフォローできます。本記事は、アメーバブログに投稿された記事を岡部さんから許可を得て掲載したものです。元のブログ記事もどうぞ。

今日はシャンクの原因について。

シャンク・・・インパクトの瞬間にいきなりボールが右方向に飛び出してしまうことをいいます。

嫌ですね。シャンク。

シャンクとは、クラブフェースではなくネックに当たるミスショットのことです。年配の方はソケットとも言いますね。
要するにシャフトの先の部分のクラブヘッドの位置がネックとかソケットと呼ばれる場所です。

そこにボールが当たると、右利きの方は右斜め45度方向(イメージ)に飛んでいきます。
要するにあさっての方向に飛んでいくのですね。非常に残念なショットです。

意外と雑誌なんか見てもハッキリした原因が書いてません。フェースが開いて当たってるとか、右膝が出るとか。
それはシャンクスイングの成れの果てで直接的な原因ではありません。

特にフェースが開いてあたっているのは関係なく、右に飛んでいるからそう思っているだけで、ネックに当たっているから右に飛んでいますのでシャンクのフェースの向きは被っていることが多いのが現実です。

シャンクで苦しんだことのない人には分からないかもしれませんね。私も昔は悩んだ口でしたから。
だからこそ、解明できたのですがね。

シャンクが発生する原因とは

シャンクには2つの大きな原因があります。
両方ともアドレスした位置よりもヘッドが前に出てネックに当たります。

今日は一つ目。力のある方がなりやすいシャンクです。

打ち込む方、バシッとボールに向かってヘッドを叩き込むとインパクトでは右肘が伸びます。手首も伸びます。

ゴルフスイングは真縦回転ではなく斜めですね。斜めに回転すれば良いのですが、打ち込むとボールに向かって肘、手首は伸びて遠心力や重力がかかりますのでアドレスした位置より打ち込んだ勢いで前に出ちゃうんですね。

打っている人を後ろから見た時、打ち込みが強いと、勢いでクラブは前に出ちゃいますもんね。

打ち込んでもシャンクにならない時もあります。
それは力の反作用で打ち込んだ時に頭が上に上がる形、伸び上がる時ですね。それはそれで良くないスイングですね。

打ち込むとシャンクが出やすいんですね。スイングも伸び上がったりと格好悪い。

要するに円運動になってないという事です。打ち込まずに回す。回せば治ってきます。

公式ブログはこちら

ドラコン岡部健一郎ランボー日記 Discovery-Golf.com

岡部健一郎さん 関連記事:

Asg Golf Magazineへの寄稿について

この記事のようにAsg Golf Magazineではみなさんのゴルフノウハウやゴルフ用品のレビュー、練習テクニックなど様々な寄稿をお待ちしております。全国のゴルファーに閲覧される当サイトにぜひご寄稿ください。詳細はお問い合わせより。

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]