人気記事アイコン人気記事Pickup

大統領候補、ドナルド・トランプのゴルフ場!?

  • LINEで送る
img_0616_01

大胆な発言が注目され、大統領選の共和党候補としての指名獲得が確実となったドナルド・トランプ氏。『不動産王』の異名を持つトランプ氏。自らのポケットマネーで選挙資金を賄うほどの大金持ち。『トランプ・タワー』はトランプ氏の持つ不動産でも有名ですが、皆さんは彼が数多くのゴルフ場を建設・所有していたことをご存知ですか?トランプ氏が関わったゴルフ場は米国内外合わせて17!トランプ・ファンのあなたへも、そうでないあなたへも、何かと話題の彼が関わるゴルフ場の中から、そのいくつかをご紹介します。

トランプ・タワーから車で30分!トランプ・ゴルフリンクス

img_0616_01
出典:http://www.golfadvisor.com/

(画像は18番ホールからのジョージ・ワシントン・ブリッジ)

ニューヨーク市の中でも中心に位置し、絶好のロケーションにあるのがトランプ・ゴルフリンクス・アット・フェリーポイント。トランプ氏によって建設され、現在はニューヨーク市が所有しています。ジャック・ニクラウスがデザインを手がけたコースは、数多くの難解なバンカーや複雑なグリーン、フェスキューでゴルファーの技量を試します。12番ホールでは昨年、トランプ氏がホールインワンを決めたとか。

1000万ドル(約10.6億円)を投じた新しいクラブハウスも完成間近。ニューヨークのトレードマークの一つ、ジョージ・ワシントン・ブリッジを臨みながらのプレーは都会と自然の融合を感じさせます。

絶景!ロサンゼルスのトランプ・ナショナル・ゴルフクラブ

img_0616_02
出典:http://www.golfadvisor.com/

(画像は雄大な景気のトランプ・ナショナル・ゴルフクラブ)

トランプ・ナショナル・ゴルフクラブ・ロサンゼルスはロサンゼルスから車で30分、西海岸のさわやかな浜風を浴びながら絶景の中でのプレーが楽しめます。2002年にトランプ氏が購入したのち、再設計・再開発が施されました。2億5000万ドル(約266億円)を投じ、豪華の限りを尽くしたゴルフコース。美しいバンカーや池の数々は、ときに牙をむき、ゴルファーに最高のプレーを要求します。

スコティッシュ・オープンも開催!トランプ・インターナショナル・ゴルフリンクス

img_0616_03
出典:http://www.golfadvisor.com/

(画像は複雑な地形に囲まれた18番ホール)

トランプ・インターナショナル・ゴルフリンクス・スコットランドはその名のとおりスコットランドにあるゴルフコース。マーティン・ホートリー設計の当コースは『世界一のコース』と呼ばれるほど。

全英オープンの前哨戦でもあるスコティッシュ・オープンの2017年、2019年そして2020年の開催会場として決まったことからも誰もが認める1流ゴルフコース。丘陵地帯のコースから北海沿岸が覗ける独特の風景はノスタルジーを感じさせます。

純金のゴルフカートに、砂金のバンカー…、というわけではなかったドナルド・トランプ氏のゴルフ場たち。潤沢な資金力に裏付けされたゴルフ場は、多くのプロ・トーナメントが行われるラグジュアリー・コースでした。ちなみにニューヨークのコースのプレー料金はニューヨーク市民でおよそ150ドル(約1万6千円)、それ以外はおよそ200ドル(約2万1千円)(カート代別)。思ったよりはリーズナブルなお値段。大統領選が白熱する直前の今がプレーのチャンス!?

お問い合わせはこちら

トランプ・ゴルフ(英語サイト)

ゴルフ練習場に直接インタビュー 関連記事:

関連商品


メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.

[スポンサーリンク]