人気記事アイコン人気記事Pickup

ガーミンのウェアラブル端末で手軽にゴルフをデータ化

  • LINEで送る
3

時計型からよりコンパクトにフィットするブレスレットタイプのものまでウェアラブル端末が出そろってきましたが、ゴルフのためのウェアラブル端末も進化しつつあります。そんな中で小型GPS端末の業界で抜群の存在感を見せるガーミンが発売しているゴルフのあれこれをデータ化してくれるウェアラブル端末をご紹介します。海外ではApproach® X40といった最新版が発表されていますが、今回は国内で公式発売している2種類をご紹介します。

Garmin Connectでデータの管理を

1
出典Garmin Connect
ゴルフに対応しているガーミンの端末は共通してGarmin Connectというオンラインサイトと接続して端末が記録したデータを一元的に管理することができます。飛行距離、平均スコア、平均パット数、パーごとの平均スコア、全体的フェアウェイヒット、パーオン率をまとめて見やすく管理し自分のスマホやパソコンで確認することができます。コース別のスコアや弱点の傾向など、数値を基に手早く把握できるので、スコアアップを目指している人にとっては非常に便利なツールになるでしょう。

ApproachS6J


ApproachS6Jはゴルフに特化したラインのハイエンドモデル。国内2,337クラブ、海外は約34,000以上もののコースがプレインストールされています。自慢の高性能GPSと豊富なコースのデータの組み合わせで、自分がプレーしているコースのデータを引き出し、フルカラーのディスプレーにコースマップやその他の情報を表示してくれます。ワンタッチで知りたいコースの情報を知ることができるのは、ラウンドの強い味方になってくれるでしょう。

もう1つ特筆できるのがトレーニング機能。スイング強度やテンポの計測をしてくれます。理想的なスイングテンポを音でアシストしてくれます。

ApproachS6Jは練習からラウンドまでこれ1本で完結してくれます。

vivoactiveJ

vivoactiveJはGPSと連動したゴルフの記録管理や情報収集の機能に加えて、ランニングや自転車などライフスタイルの異なるスポーツにも柔軟に対応してくれるモデルです。スマホと連動しながら天気予報を知らせてくれたり、心拍数や睡眠の状態も計測してくれたりするなど一日中身に着けていたくなるような端末です。

お問い合わせ

GARMIN

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート