人気記事アイコン人気記事Pickup

購入できます!空飛ぶゴルフカート!

  • LINEで送る
1 (4)

以前『全英OPにも登場 メルセデス・ベンツのゴルフカートとは』で最先端のハイテクゴルフカートをご紹介しましたが、なんとその衝撃度と文字通りの物理的にも上をいくようなゴルフカートが登場しました。もはやカートと呼んでしまってよいのかとも思いますが、「空飛ぶゴルフカート」をご紹介します。

バッバ・ワトソンがやってのけた!

2度のマスターズ優勝など近年のゴルフ界を牽引し、リオデジャネイロ・オリンピックにも出場予定のバッバ・ワトソン。3年前にもウォーターハザードなどの障害をものともせず、芝へのダメージもほとんどないホバークラフト・ゴルフカートを発表しています。

112年ぶりのゴルフ、オリンピック種目復帰を記念し、彼が自身のスポンサーのオークリーと手を組み、ジェットパック界の大手、マーティンジェットパック社の技術力を注ぎ込み空飛ぶゴルフカートが誕生しました。

基本的な性能を確認してみると、最高時速は46マイル(約74キロメートル)で高度3,000フィート(約914メートル)まで上昇することが可能です。もともと災害救助や農薬散布などを想定して開発されたジェットパック。スペックは文句のつけようがありません。機体の中央部にほぼ直立姿勢で乗り込みシートベルトを締め、左右にある操縦桿を握って操作します。キャディーバッグなどは機体の後部に積み込む仕様になっています。

ゴルフのラウンドに鳥の視点を取り入れることができるのが空飛ぶゴルフカートの大きな強み。上空からコースを眺めることができるようになることで、ティーグラウンドからでは確認できない情報も手に入れることができます。

空飛ぶゴルフカートの登場で、ゴルフのラウンドがよりスピーディに進むことになると期待されています。木やウォーターハザードなどの障害物が多くあるゴルフコースで、その上をショートカットするかのように移動できるのは大きなアドバンテージでしょう。

魅力が十分伝わったところで早速購入しましょう

注目すべきなのは200,000ドル(約2,100万円)という値段なのではなく、もう発売一歩手前の段階まで来ているということ。Martin Jetpackの公式サイトでは発売に先駆けて、事前予約が開始されています。2016年後半には出荷を開始し、2017年後半からは一般向けの機体も出荷開始する予定です。予約の際にデポジットとして5,000ニュージーランドドル(約37万円)の支払いが必要ですのでご確認ください。現在各国の航空局等の管轄機関と必要なライセンスやトレーニングについて調整をしているとのこと。

空飛ぶゴルフカートがゴルフの常識を変える日は、もうすぐそこに迫っています。

お問い合わせ

Martin Jetpack

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]