人気記事アイコン人気記事Pickup

オリンピック・ゴルフコースをバーチャルで体験! 【後編】

  • LINEで送る
maxresdefault

前編ではアウトコース9ホールをツアーしました。共通する特徴は風への配慮が重要だということ。オリンピック・ゴルフコースは、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックで最多競技が実施されるメイン会場のバッハ地区から、すぐの海沿いに位置しています。暖かく吹き付けるだろう浜風はゴルフのプレーに大きな影響を及ぼすでしょう。引き続きGolf DigestのYouTube公式チャンネルが公開するコース紹介をご覧ください。

インコース、10番ホールから18番ホールをご紹介

10番ホール パー5 男子:590ヤード 女子:526ヤード

綿密な戦略が攻略に不可欠なホール。このコースでは強い風が左から右へと吹きます。ですのでぜひともドローでティーショットをしたい。しかし、左手の大きな池を考慮するとドローで打つのに躊躇したくなる…。ゴルファーを大いに悩ませます。広く伸びたグリーンはバンカーで挟まれています。

11番ホール パー4 男子:488ヤード 女子:420ヤード

11番ホールから14番ホールまでの連続する4ホールは、ゴルファーにとってはフィニッシュに向けて耐え抜かなくてはならないホール。右から左へ吹く風に対して、ホールの左側に並ぶ砂地などの障害をケアする必要があります。よい角度でのアプローチをさせないようなデザイン。グリーン左の落ち込みや右手奥の陥没に注意です。

12番ホール パー4 男子:514ヤード 女子:430ヤード

残酷なホールが続きます。11番ホールとシェアしているバンカー。ティーショットでできるだけバンカーのそばに寄せることで、セカンドショットがアプローチしやすくなります。グリーンのすぐ右奥には原生植物が生い茂っています。ボールが少しでもグリーンを超えると、ボールを見つけることすら困難になります。

13番ホール パー4 男子:479ヤード 女子:408ヤード

高く生えた木を頂点に右に屈折しているホール。特にグリーンが厄介者。手前も奥も切れ込んでいるうえに、グリーン全体がグニャグニャなライ。頂点の木と複雑怪奇なグリーンをいかに対処するのかが見所です。

14番ホール パー3 男子:229ヤード 女子:190ヤード

最も長いパー3。グリーン奥にピンを配置した場合はアゲインストする風の中250ヤードを超える距離が必要となることも。グリーンを囲むバンカーを見ても、絶対に外したくないと思わせます。

15番ホール パー4 男子:412ヤード 女子:374ヤード

ここからラスト4ホールがスコアの稼ぎどころ。フェアウェイ中央に構えるバンカーを超えようとすると男子で320ヤードが必要です。バンカーに対してどこを目標にするか、作戦が必要です。

16番ホール パー4 男子:303ヤード 女子:264ヤード

最も短いパー4。グリーン手前20ヤードにはこぶが。ひょうたん型のグリーンは多様なピンの位置を可能にしています。グリーンの左手は急な下り坂。

17番ホール パー3 男子:133ヤード 女子:120ヤード

最も短いパー3。大きなグリーンとそこに入り組むバンカー。自在に変わるだろうピンの位置が楽しみです。

18番ホール パー5 571ヤード 509ヤード

バンカーが複数集まるところへのティーショットの結果が、このホールの出来に大きな影響を与えるでしょう。グリーンの周りに大きな障害はなくツーオンも可能。グリーン手前30ヤード~70ヤードにある大きなバンカーにさえ捕まらなければ、きれいな形でラウンドを終えることができるでしょう。

いかがでしたか。コースを熟知したうえで、全力で観戦ができそうです。

チャンネルはこちら

Golf Digest

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]