人気記事アイコン人気記事Pickup

断面・中身で比較する!あなたにぴったりのゴルフボールは?

  • LINEで送る
1

ゴルフボールの断面・中身は、各ゴルフボールメーカーの広告でそのイメージをご覧になることはあるかもしれません。しかし、ホンモノの断面図を見る機会はそれほどありません。ましてや試しに値の張るボールを自分で切断して中身を確認、などとんでもない。米Golf Digestは、大手ゴルフ誌らしく今年話題のゴルフボール30種類以上を切断して断面を公開・比較するという太っ腹企画を行っています。その中から、特に最新テクノロジーが光る注目のボールを見ていきましょう。

ブリジストン ツアーB330シリーズ

1
出典 Golf Digest

ブリジストン、ツアーB330シリーズの白いカバー部の中を覗いてみると、内部は緑・青・赤などのスーパーハイドロコアと、その外側を薄く包んでいる高反発アイオノマーインナーカバーの2層になっているのが分かります。より飛び系のB330Xとソフトでスピン系のB330Sでスーパーハイドロコアの色が大きく異なっているのが興味深いです。一見均一のスーパーハイドロコアは中心から外側がグラデーションで硬くなっており高い飛距離性能を発揮します。


 

キャロウェイ クロムソフト

2
出典 Golf Digest

キャロウェイ、クロムソフトはデュアル・ソフト・ファスト・コアを採用しています。昨年のモデルはただのソフト・ファスト・コア。今年は中心部が1層増え、ソフトな打感と飛距離性能に加えて、優れたスピンセパレーションを実現しています。

ナイキ RZNツアー シリーズ

3
出典 Golf Digest

このシリーズで特徴的なのは柔らかいRZNコア。飛距離を出しつつスピン性能にも余念がありません。青いRZNコアをよく見てみると白い層との接触部が凹凸になっています。このスピードロック・テクノロジーによってボールのエネルギー伝導率を高め、飛距離向上に一役買っています。

タイトリスト プロV1、プロV1x

4
出典 Golf Digest


ゴルフ断面図比較のススメ

この記事を読んで、さらに詳しく断面図から考えるゴルフボール比較を見てみたいと思ったあなた。米Golf Digestの“2016年ホットリスト:最新のオススメゴルフボール”と題して、ゴルフボール断面図の全容を公開しています。ASG Golf Magazineで以前紹介したゴルフボールや気になるあのゴルフボールも紹介しているかもしれません。

スライドでは各ゴルフボールの、Performance(パフォーマンス)、Innovation(革新性)、Feel(スピンや飛距離、耐久性の総合的な感覚)、Demand(需要)の4項目に星5つで評価しています。星5つは97~100点、星4つは88~96点、星3つは70~87点、星2つは51~69点、以下星1つとなっています。画像左上の黄色等のマークは総合評価。ゴールドとシルバーに分類されています。

参考

Golf Digest
2016 Hot List: Best New Golf Balls

関連記事:

関連商品

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート