人気記事アイコン人気記事Pickup

断面・中身で比較する!初心者でも使いたい低価格帯のゴルフボールの特徴は?

  • LINEで送る
1

米Golf Digestは、最新のゴルフボール30種類以上を切断して断面を公開・比較するという企画を行っています。“断面・中身で比較する!あなたにぴったりのゴルフボールは?”では多くのトッププロも愛用する、最先端のテクノロジーが詰まったゴルフボールを徹底解剖しました。今回は私たち庶民ゴルファーの味方である低価格帯のゴルフボールの中身を見てみましょう。ツアーレベルのゴルフボールと、どのような違いがあるのでしょうか。
ツアーレベルのゴルフボールを比較した記事はこちら
断面・中身で比較する!あなたにぴったりのゴルフボールは?

キャロウェイ スーパーソフト

1
出典 Golf Digest

低価格帯でまず注目したいのはキャロウェイ、スーパーソフト。“断面・中身で比較する!あなたにぴったりのゴルフボールは?”でご紹介した同じキャロウェイのクロムソフトと比較すると中身が全く違います。どちらもソフトさを売りにしていますがこちらの方がはるかにシンプルなつくり。マイナスコアコンプレッションというコア素材により、無駄なスピンを抑えやすくなっています。初心者に是非お勧めしたいゴルフボールでしょう。

スネル ゲットサム

2
出典 Golf Digest

比較的マイナーなブランド、スネル。しかし開発・設計を担当しているディーン・スネルはタイトリストのプロV1など大手ブランドでツアーレベルのゴルフボール開発に携わった経歴をもち、ゴルフボールの性能に余念はありません。スピンを抑え、フックやスライスのミスを減らしてくれます。

タイトリスト DTトゥルーソフト

3
出典 Golf Digest
このボールはカバーもコアも非常にソフトに作られています。バックスピンを低減し、高い飛距離性を発揮することができます。

ゴルフボールの高価格VS低価格

いわゆる2ピース・ゴルフボールが勢ぞろいする低価格帯のゴルフボール。簡素なつくりで各ブランドの技術力などを発揮しづらい感は否めませんが、扱いやすさなどでは初心者や普段使いには魅力的なボールがそろっています。断面図をよく見ると、カバーの厚みなどにも違いがみられます。低価格だからこそ複数ブランドのゴルフボールを購入し、試打しやすいのも長所でしょう。米Golf Digestはゴルフボールの性能と価格は比例すると断言しています。自己ベストを目指すときは高価格のボール、ゴルフを楽しみたいときは低価格のボール、と使い分けるのも手でしょう。

この記事を読んで、さらに詳しく断面図から考えるゴルフボール比較を見てみたいと思ったあなた。米Golf Digestの2016 Hot List: Best New Golf Balls(2016年ホットリスト:最新のオススメゴルフボールと題して、ゴルフボール断面図の全容を公開しています。

スライドでは各ゴルフボールの、Performance(パフォーマンス)、Innovation(革新性)、Feel(スピンや飛距離、耐久性の総合的な感覚)、Demand(需要)の4項目に星5つで評価しています。星5つは97~100点、星4つは88~96点、星3つは70~87点、星2つは51~69点、以下星1つとなっています。画像左上の黄色等のマークは総合評価。ゴールドとシルバーに分類されています。

参考

Golf Digest
2016 Hot List: Best New Golf Balls

関連記事:

関連商品

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート