人気記事アイコン人気記事Pickup

9月16日デビュー!フォージド・ウェッジ、ミズノT7ウェッジに迫る

  • LINEで送る
1 (2)

先日、ミズノよりJPX-900シリーズの市場投入が発表されました。それに引き続き、ウェッジでも新作T7ウェッジの発売が決定しています。9月16日発売のT7ウェッジの魅力に迫ります。

1 (2)
出典 Golf WRX

ミズノが見出すフォージド・ウェッジの可能性

2 (3)
出典 ミズノゴルフ
T7ウェッジはミズノがすでに発売し、定評のあるS5ウェッジのデザインを受け継ぎつつ、耐久性とスコアライン(フェースの溝)が大きく進化したウェッジです。

ミズノは近年アイアンのラインナップでボロン鋼を使用した軟鉄鍛造(フォージド)・アイアンに力を入れています。T7もボロン鋼を使用したフォージド・ウェッジ。ミズノの協力工場にて特許技術グレインフローフォージド製法でつくられたT7ウェッジは、ミズノのフォージド・アイアン同様に独特の心地よい打感を実現しています。

今年の全米プロゴルフ選手権で、元世界ランク1位のルーク・ドナルドがT7ウェッジを使用したことでも注目を浴びています。T7ウェッジはミズノだからこそ作ることができた、フォージド・ウェッジの決定版となるでしょう。

注目すべきスコアライン

3 (3)
出典 ミズノゴルフ
T7ウェッジで特徴的なのはロフト別に設計されたスコアラインの幅と深さ。ロフトによって微妙に異なる設計でスピンコントロールが格段に向上しています。また、スコアラインの間のピッチを狭くし、スコアラインが1本増えています。スコアラインの1本目が低くなったことでトップ気味でもスピンがかかりやすくなりました。

T7ウェッジで実装されたスコアラインの進化は、ウエット(ラフ)からのショットで真価を発揮します。30ヤードのショットで10.6パーセント、60ヤードのショットで23.6パーセントも、旧スコアラインと比べてスピン量がアップしています。

このほかにも、異なるバウンスデザインの展開、ロフト別フェースゲージ精密設計、3㎜長くなったホーゼルなど、細部にわたって改良がなされています。コース上でゴルファーを頼もしく支えてくれるウェッジといえます。価格は20,520円から。期待を膨らませつつ登場を待ちたいものです。

お問合せ
ミズノゴルフ

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]