人気記事アイコン人気記事Pickup

全英OP小噺 正式名称は“The Open Championship”?

  • LINEで送る
1

私たちが何気なく使う『全英オープン』という言葉。全英オープンのホームページやTV中継を見ると、いたるところに“The Open”のロゴが。しかし、“The Open”を直訳するとどう頑張っても『全英オープン』にはなりません。“The British Open”とすればBritishが「イギリスの」を意味するので全英オープンだとわかるのですが…。“The Open (Championship)”と“The British Open”をめぐるあれこれをPGAのホームページで解説しています。ゴルフのプライドと歴史を垣間見れるストーリーの一部をご紹介します。

“The British Open”の登場はいつ?

1
出典 NBC Sports Golf Channel

全英オープンは“The Open Championship”としてはじまっています。なぜなら、ゴルフの”Open(選手権)“は当時それ以外になく”British“をつけて特定する必要がなかったから。全英オープンの歴史は英スコットランド・プレストウィックにて参加者8名で開催された1860年にまでさかのぼります。2番目に古いゴルフの選手権は全米オープン。それでも第1回大会の開催は第1回全英オープンの35年後に当たる1895年(参照:開幕直前!全米オープン115回の歴史を振り返ろう)。その後、南アフリカ・オープン、カナダ・オープン、オーストラリア・オープンと世界各地でゴルフ選手権が開催されるようになります。

“The British Open”の表現がいつから使われているのかは定かではありませんが、1900年にAP通信が全英オープンのことを”the English championships”と表現しています。イギリスはイギリスでも開催されたのはイングランドではなくスコットランドなのでテストだったら減点です。1910年にはアメリカのロサンジェルス・タイムズがAP通信の全英オープンのストーリーを”the British open golf championship”という言葉を使って報道しています。

あの人たちはこう呼ぶ

世界中でゴルフの選手権が開催されるようになった中で、全英オープンを明確に指し示すため便宜的に”The British Open”と呼ぶようになった流れと、全英オープン以外の大会が自らの権威を示すために関係者や大会参加者が我こそが”The Open”であると主張する2つの流れがあるようです。

世界ランク46位のウィリアム・マクガートは「だってイギリスでやるんでしょ。」ということで全英オープンを”The British Open”と呼んでいます。アダム・スコットは全英オープンを「”The Open”以外はないでしょ」と発言したり、フィル・ミケルソンは「アメリカではこう呼ぶから」と全英オープンを”The British”と呼んでいたりしています。

ジャック・ニクラウスに至ってはマスターズのことを”The Open”と呼んだことがあるなど、選手それぞれの価値観やよりどころによっても大きく呼称が異なっています。

公式見解は

全米オープンを主催する全米ゴルフ協会は全英オープンを公式文書内で”The British Open”と表現していましたが、今年からは”The Open conducted by the R&A(全英ゴルフ協会が行う”The Open”)”と表現しています。

全英オープンを取り仕切る全英ゴルフ協会は“The Open Championship”と呼ぶことをかたくなに守り続け、参加選手たちにもそう呼ぶように要請し続けています。最古のゴルフ選手権の歴史を持ち、ゴルフ発祥の地スコットランドとしてのプライドから”The Open Championship”と呼ばれるのにふさわしいことには間違いありません。

読者の皆さんにとっての”The Open”はどの大会でしょうか。

参考

Doug Ferguson, PGA
The Open Championship” or “The British Open?

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート