人気記事アイコン人気記事Pickup

スイートスポットで解決する スライス・フック対策

  • LINEで送る
1

どういうわけかボールが右に切れ、左に切れ、スライス・フックしてしまうあなた。スライス・フックは、ゴルフボールをクラブフェースのスイートスポットでコンタクトすることにより劇的に改善します。スイートスポット、スライス、慣性モーメントまで、必要なあれこれを総確認します。

スライス・フックの一因はコンタクトミス

1
出典 Golf WRX

クラブヘッドにのっぺりと広がるクラブフェース。その広大な平面のどこでコンタクトしてもボールは飛んでゆきますが、まっすぐ飛んでいくとは限りません。上の写真をご覧ください。フェースの端にコンタクトした場合、衝撃が偏って働くのでクラブヘッドが回転しようとします。スライス・フックしてしまったときに生じるクラブヘッドのブレは、グリップからも感じることができるはず。クラブヘッドの回転でまっすぐ進まない力は、ボールにも伝わります。残念、またスライス・フックしてしまいました。

知っておきたい「慣性モーメント」

ゴルフクラブでの慣性モーメントには何種類かありますが、今回は「ヘッド左右慣性モーメント」に注目しましょう。慣性モーメントは許容範囲を表してくれます。慣性モーメントが大きいゴルフクラブは、ヘッドが回転しづらくなります。慣性モーメントが大きい、つまり許容範囲が広いゴルフクラブは、スイートスポットから外れてコンタクトしてもゴルフクラブがミスをカバーしてくれます。

近年、慣性モーメントを生かしてミスをカバーしてくれるゴルフクラブも多く登場しています。しかし、スイートスポットがどこなのか知っていなければ、どこまでが許容範囲なのか、どこでコンタクトしたらいいのかわかりません。

スイートスポットを見つけよう

では一体どこにスイートスポットがあるのでしょうか。
2
出典 DUNLOP GOLFING WORLD

3
出典 DUNLOP GOLFING WORLD

ダンロップ曰く、「ヘッドの重心からフェース面に向かって垂線を引き、それがフェース面と交わった点がスイートスポットで、ここを中心にした一定のエリアがスイートエリアです。」とのこと。
クラブの基礎知識クラブの基礎知識” http://golf.dunlop.co.jp/basicofclub/index.html”)参照

理屈ではわかりづらい時には、自分の手で実験してみましょう。右手にゴルフボールを、左手にグリップを掴んだ状態でゴルフクラブを持ちます。その状態で、ゴルフボールを右手に持ったまま、クラブフェースにコツーン、コツーンと叩いてみます。
叩いたときに、ヘッドがぶれずにクラブが後ろに振れたり、振動が1番少ないと感じたりする個所がスイートスポットです。アイアンだとフェースのやや下方、ネックよりがスイートスポットである場合が多いです。

ペンを使って自分のコンタクトを矯正しよう

スイートスポットの場所が分かったら、そこにコンタクトさせるための練習をしましょう。
クラブ、ボールに加えてクレヨン等の拭いて落とせるマーカー(ドライマーカー、はたまたご飯粒、etc…)を用意しましょう。

4
出典 Golf WRX

こんな感じにマークしたゴルフボールをセットしたら、練習したいゴルフクラブで試打してみます。

5
出典 Golf WRX

試打したゴルフクラブを見てみると、コンタクトした点が分かります。すると、意外とスイートスポットにコンタクトできていなかったりするもの。スイートスポットに安定してマークが残るように、練習を繰り返しましょう。

スイートスポットや自分のコンタクトの癖を正しく理解し、スライス・フックの悩みを吹き飛ばしましょう。

参考

Gear Effect Basics: How off-center hits cause slices and hooks

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]