人気記事アイコン人気記事Pickup

日本が世界に誇るゴルフコース4選

  • LINEで送る
1

8月も終わりに近づいてきました。皆様の周りでもコンペの企画を始める頃ではないでしょうか?
毎年米ゴルフダイジェスト誌が発表している世界のゴルフ場トップ100に、今年は日本から4コースが選ばれています。
世界からも注目される日本のゴルフ場を見ていきましょう。

アジアNo1 廣野ゴルフ倶楽部

1
出典 Golf Digest

廣野ゴルフ倶楽部 21位

名設計家C・Hアリソンによって設計され1932年に開業したコースは、世界中のゴルフ誌が取り上げるほどの名コース。米ゴルフダイジェスト誌にも上位にランクインし続け、アジアのゴルフ場で最も高い順位を獲得しています。多種多様の戦略的に配置されたバンカーのデザインがこのコースの価値を物語ります。

日本オープンを筆頭に各種大会のコースにも選ばれ、クラブハウスに隣接してJGAゴルフミュージアムも建てられています。まさに日本ゴルフ史を体現する、格式高いコースといえるでしょう。

展望抜群 川奈ホテルゴルフコース 富士コース

川奈ホテルゴルフコース 富士コース 64位

設計者は奇しくも廣野ゴルフ倶楽部と同じC・Hアリソン。左右に日本のシンボル富士の山と果てしなく広がる太平洋をたたえる、日本を代表する贅沢なコース。美しいコースと景観に気を取られていると、たちまちコースの餌食になってしまいます。山から海へ駆け降りるかのような土地に作られたコースでは、起伏に富んだ地形を攻略しなければなりません。複数ある打ち下ろしのホールではゴルファーの腕が試されます。

埼玉にあるけれど 東京ゴルフ俱楽部

2
出典 東京ゴルフ倶楽部

東京ゴルフ倶楽部 85位

東京ゴルフ俱楽部もC・Hアリソン設計。大正2年に誕生した老舗コースは東京の駒沢から埼玉の朝霞、狭山へと移転を重ね、日本のゴルフ文化を語り継いでいます。オーストラリアのロイヤル・メルボルン・ゴルフクラブなど世界の名だたるコースを彷彿させるような作りは圧巻です。

屈指の山岳コース 鳴尾ゴルフ倶楽部

鳴尾ゴルフ倶楽部 96位

初めてランクインを果たしたコースは、日本の山々しさと伝統を一挙に感じることができるコース。ここでもC・Hアリソンがバンカー設計に携わっています。自然の地形を生かした砲台グリーンや、鋭く切れ込むフェアウェイなどは見ものです。

いかがでしたか。日本以外のアジアのゴルフコースでは中国のシャンチン・ベイ・ゴルフクラブが37位でトップのランクイン。他にも韓国やベトナム、シンガポールなどの東アジア・東南アジアのコースもランクインしています。世界最高のゴルフ体験のために、無理をしてスコットランドやアメリカへ行く必要はないのかもしれません。冬休みは近場で、最高峰のゴルフを味わいたいものです。

参考

Golf Digest
RANKING: THE WORLD’S 100 GREATEST GOLF COURSES

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート