人気記事アイコン人気記事Pickup

アイアンのスイングは足元で改善!

  • LINEで送る
1 (1)

皆さんはスイング時に何を意識していますか。腰、肩、腕、目線...全身を活用するスイングでは、様々な体の部位を適切に動かすための無数の練習法があります。今回は普段あまり注目されない足首よりも下、足元の正しい動かし方・練習法を見ていきましょう。ダイナミックのスイングの中でいつも控えめな足元。しかし、地面に接し、スイング時に体と地面をつなぎとめるという点では非常に重要な体の部位。他ではなかなか語られない練習法、必見です。

かかとは浮かす?浮かさない?

1 (1)
出典 Golf WRX
簡単なテストをしてみましょう。右足の外側で、飛ばす目標に向かって垂直に置いたクラブのグリップを踏み、あとは普段のアイアン・ショットのように構えます。その状態で何度か試打、もしくは素振りをしてみましょう。このときに、つま先でグリップを抑え込んでいる感覚がありませんか。もしそうなら、ちょっと矯正が必要です。

つま先でグリップを抑える感覚は、スイング時にかかとが大きく浮いてしまっている証拠。アイアンのスイングでは、右足の内側、もしくは甲全体で地面をグリップしていることが望ましいです。接地面が大きければ、その分グリップ力が増し安定感の向上やミスの防止につながります。クラブを踏んだ時のグリップが長く続くように意識してみましょう。

つま先は浮かす?浮かさない?

2 (1)
出典 Golf WRX

アイアンのスイング時に、ボールへの意識のあまりつんのめることや、ダウンスイング時に体が前に突き出てしまうことはありませんか。重心が前へ出すぎてしまうと、本来のスイング軌道やスイングスピードでボールをインパクトすることができません。

そんな時は、あえてつま先を浮かしたスイングの練習をしてみましょう。つま先を靴の上部に付けるようなつもりのままスイングを行ってください。簡単にバランスを矯正できます。

裸足になってバランスの練習を

3
出典 Golf WRX
裸足でスイングの練習をするのが意外と効果的なのです。普段は靴に保護され、靴の性能を生かしたグリップ力などに頼っています。しかし裸足になることで、地面との接着感を直接感じることができます。普段感じることのできない微妙なバランスのズレや体重移動に敏感になることができます。“自然のバランス”を理解すればより的確なスイングにつながります。

目立たないゆえになかなか可否や良不良の違いが分かりづらいスイング時の足元。ただし、バランスやグリップのカギとなる足元への気配りは、ゴルフスキルの可能性を劇的に向上させます。簡単な練習ですので是非取り入れてみましょう。

参考

Golf WRX
Fancy Footwork For Solid Iron Shots

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]